「機動戦士ガンダム」の人気が40年も続く理由

ヒットの仕掛け人が明かす「ガンダムの未来」

――ガンダムは今や年間約800億円を売り上げますが、人気に火がついたきっかけは?

ガンダムは、サンライズがゼロから生み出した新規IPで、最初から大ヒットしたわけではない。初代のテレビアニメシリーズは、視聴率が悪くて1年で打ち切られているわけよ。

そんな状況の中、人気に火を付けたのは大学生だった。テレビ局や、アニメ雑誌の編集部に投書や電話をして「なんであんなにいいアニメを止めるんだ」と抗議した。インターネットがない時代に、すごいことだと思うね。こうした熱に動かされて、映画が3本作られ、ガンプラも売れた。そうして、5年のブランクを経て1985年から再びアニメシリーズが始まった。

ガンプラの売り上げは3割が海外

――中国など、アジアでも大人気です。

ガンプラの売上高のうち、どれくらいの割合が海外だと思う?実は、3割以上が海外での販売で、国内でのインバウンド需要も加え、半分くらいはアジアを中心とした海外の方が買ってくださっている。

バンダイナムコグループで約800億円を稼ぎ出すガンダムIP(知的財産)のうち、中核となるのが「ガンプラ」。近年ではインバウンド需要も増えている ©創通・サンライズ

将来的に期待しているのは北米市場。なぜかというと、アメリカの「ヒーロー像」に対するイメージがここ2~3年ですごく変わってきているのを肌で感じるから。ガンダムが描いているのは、戦争で勝った側も、負けた側も、両方に正義があるということ。しかも、主人公のアムロは、ロボットから降りて「戦いたくない」と言う。だから、北米市場で展開するには、完全無欠のヒーローが悪を打ち負かす、アメリカ専用のシリーズを作る必要があった。だけどそれは、もはやガンダムじゃないでしょ。

それがここ数年、日本のガンダムをそのまま持っていっても受け入れられる土壌ができてきた。実際、アメリカで大人気のヒーロー映画『アベンジャーズ』も、すごく丁寧に敵の内面を描いたウェットなストーリーだ。

――北米進出策としては、ハリウッド実写化を企画されていますね。ただ、作品の世界観を守りたいファンからは賛否があるようです。

アメリカ・ロサンゼルスで製作発表をした後、「宮河、なにやってるんだ、ちゃんとできるのか」と猛烈な批判が来た。ただ僕にとってそれは嬉しかった。だって、皆さんに関心をもって貰えている証拠でしょ。

次ページ映画だけでなく、ゲームでも攻めたい
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。