業種別「新・企業力ランキング」ベスト20

ゼネコン、食品、機械、小売etc.財務が強い企業は?

ジリジリとランクダウンする武田薬品工業

「パルプ・紙/化学」や「医薬品」、「石油・石炭/ゴム/ガラス土石」を見ていこう。

まず、「パルプ・紙/化学」のカテゴリーでは、化学の独擅場となった。1位信越化学工業(13位)、2位富士フイルムホールディングス(17位)、3位旭化成(53位)と大手企業が上位を占める中、4位に新興化粧品メーカーのドクターシーラボ(55位)がランクインした。同社までが総合100位以内となった。

「医薬品」の1位は武田薬品工業(10位)。ただ、過去7回でトップ2回を含む上位5位を常に守っていた同社にとって今回は過去最低の順位だ。成長性、収益性、安全性とも前回より得点が低下、2位には大塚ホールディングス(11位)も迫っており、業種1位を維持するのは厳しい状況となりつつある。

さらに、3位アステラス製薬(69位)、4位第一三共(96位)が続き大手が上位を独占する中、5位にジェネリック医薬品メーカーの沢井製薬(141位)が食い込んでいる。

「石油・石炭/ゴム/ガラス土石」は1位ブリヂストン(12位)。2位旭硝子(37位)、3位東燃ゼネラル石油(47位)、4位出光興産(77位)、5位JXホールディングス(93位)までが総合100位以内となった。

次ページ鉄鋼、機械、電気・精密などの上位は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • コロナ後を生き抜く
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT