業種別「新・企業力ランキング」ベスト20

ゼネコン、食品、機械、小売etc.財務が強い企業は?

ジリジリとランクダウンする武田薬品工業

「パルプ・紙/化学」や「医薬品」、「石油・石炭/ゴム/ガラス土石」を見ていこう。

まず、「パルプ・紙/化学」のカテゴリーでは、化学の独擅場となった。1位信越化学工業(13位)、2位富士フイルムホールディングス(17位)、3位旭化成(53位)と大手企業が上位を占める中、4位に新興化粧品メーカーのドクターシーラボ(55位)がランクインした。同社までが総合100位以内となった。

「医薬品」の1位は武田薬品工業(10位)。ただ、過去7回でトップ2回を含む上位5位を常に守っていた同社にとって今回は過去最低の順位だ。成長性、収益性、安全性とも前回より得点が低下、2位には大塚ホールディングス(11位)も迫っており、業種1位を維持するのは厳しい状況となりつつある。

さらに、3位アステラス製薬(69位)、4位第一三共(96位)が続き大手が上位を独占する中、5位にジェネリック医薬品メーカーの沢井製薬(141位)が食い込んでいる。

「石油・石炭/ゴム/ガラス土石」は1位ブリヂストン(12位)。2位旭硝子(37位)、3位東燃ゼネラル石油(47位)、4位出光興産(77位)、5位JXホールディングス(93位)までが総合100位以内となった。

次ページ鉄鋼、機械、電気・精密などの上位は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。