業種別「新・企業力ランキング」ベスト20

ゼネコン、食品、機械、小売etc.財務が強い企業は?

ジリジリとランクダウンする武田薬品工業

「パルプ・紙/化学」や「医薬品」、「石油・石炭/ゴム/ガラス土石」を見ていこう。

まず、「パルプ・紙/化学」のカテゴリーでは、化学の独擅場となった。1位信越化学工業(13位)、2位富士フイルムホールディングス(17位)、3位旭化成(53位)と大手企業が上位を占める中、4位に新興化粧品メーカーのドクターシーラボ(55位)がランクインした。同社までが総合100位以内となった。

「医薬品」の1位は武田薬品工業(10位)。ただ、過去7回でトップ2回を含む上位5位を常に守っていた同社にとって今回は過去最低の順位だ。成長性、収益性、安全性とも前回より得点が低下、2位には大塚ホールディングス(11位)も迫っており、業種1位を維持するのは厳しい状況となりつつある。

さらに、3位アステラス製薬(69位)、4位第一三共(96位)が続き大手が上位を独占する中、5位にジェネリック医薬品メーカーの沢井製薬(141位)が食い込んでいる。

「石油・石炭/ゴム/ガラス土石」は1位ブリヂストン(12位)。2位旭硝子(37位)、3位東燃ゼネラル石油(47位)、4位出光興産(77位)、5位JXホールディングス(93位)までが総合100位以内となった。

次ページ鉄鋼、機械、電気・精密などの上位は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。