オバマ・ショック 越智道雄・町山智浩著

オバマ・ショック 越智道雄・町山智浩著

「オバマ政権で対日圧力がかかるから大変」は不思議な議論。日本はいま、貿易赤字相手国の4位、大した脅威ではない。対日輸入品はほとんど車で、むしろトヨタに手伝ってもらう必要がある。オバマは6カ国協議を高く評価、北朝鮮を使って中国を東アジアを舞台とする交渉の枠組みに取り込むことが狙い。同時にインド亜大陸を舞台とする協議機構を用意して、この二つの協議体で中国をサンドイッチにするつもり。4年前にアジア、日本への対応が巧みとして共和党のブッシュ再選を礼賛した人に聞きたい、何かメリットがあったか、と。

比較文化研究者と在米コラムニストが「黒人大統領を救世主と仰いだアメリカ」の近過去と未来を対論。

集英社新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。