オバマ・ショック 越智道雄・町山智浩著

オバマ・ショック 越智道雄・町山智浩著

「オバマ政権で対日圧力がかかるから大変」は不思議な議論。日本はいま、貿易赤字相手国の4位、大した脅威ではない。対日輸入品はほとんど車で、むしろトヨタに手伝ってもらう必要がある。オバマは6カ国協議を高く評価、北朝鮮を使って中国を東アジアを舞台とする交渉の枠組みに取り込むことが狙い。同時にインド亜大陸を舞台とする協議機構を用意して、この二つの協議体で中国をサンドイッチにするつもり。4年前にアジア、日本への対応が巧みとして共和党のブッシュ再選を礼賛した人に聞きたい、何かメリットがあったか、と。

比較文化研究者と在米コラムニストが「黒人大統領を救世主と仰いだアメリカ」の近過去と未来を対論。

集英社新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。