ポスト戦後社会 シリーズ日本近現代史9 吉見俊哉著

ポスト戦後社会 シリーズ日本近現代史9 吉見俊哉著

『幕末・維新』から始まった「シリーズ日本近現代史」もいよいよ9巻を迎えた。1960年代半ばから現代までの「ポスト戦後社会」を、社会・文化・メディア研究で知られる著者がたどった。

戦後がいつ終わったのかにはさまざまな定義ができようが、本書では高度経済成長の終焉、具体的には連合赤軍による「あさま山荘事件」から書き起こされている。イデオロギーの時代が終わり、80年代に経済的なピークを迎えたこの国はその後、バブル経済の崩壊、阪神・淡路大震災とオウム事件を経て、未曾有のグローバリゼーションにさらされた。少子高齢化や経済的格差が拡大する中、「日本」という歴史的主体が崩壊する様が浮き彫りになる。

岩波新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT