ポスト戦後社会 シリーズ日本近現代史9 吉見俊哉著

ポスト戦後社会 シリーズ日本近現代史9 吉見俊哉著

『幕末・維新』から始まった「シリーズ日本近現代史」もいよいよ9巻を迎えた。1960年代半ばから現代までの「ポスト戦後社会」を、社会・文化・メディア研究で知られる著者がたどった。

戦後がいつ終わったのかにはさまざまな定義ができようが、本書では高度経済成長の終焉、具体的には連合赤軍による「あさま山荘事件」から書き起こされている。イデオロギーの時代が終わり、80年代に経済的なピークを迎えたこの国はその後、バブル経済の崩壊、阪神・淡路大震災とオウム事件を経て、未曾有のグローバリゼーションにさらされた。少子高齢化や経済的格差が拡大する中、「日本」という歴史的主体が崩壊する様が浮き彫りになる。

岩波新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱炭素時代に生き残る会社<br> 独自調査で測る各社の「本気度」

地球温暖化の危機的状況を受け、「エネルギーシフト」の奔流が渦巻いている。日本企業も再生可能エネルギーの調達に本腰を入れ、「脱炭素経営」に舵を切り始めた。主要108社が回答した独自アンケートなどから、生き残りのカギを探る。