「円グラフ」の説得力が劇的に変わる使い方

プレゼンの反応も変わってくる

プレゼンテーションの反応が劇的に変わるグラフの有効的な使い方とは?(写真:kou/PIXTA)
時間をかけてスライドを作ったのに、いまいち手ごたえがない――。職場で、客先で、悔しい経験をしたことがある人は少なくないはず。『伝わるプレゼンの法則100』の筆者の1人であるプレゼンテーションデザイナーの吉藤智広氏が、プロが使う数あるテクニックの中から、今日からすぐに活用できる「伝わるグラフ」の作り方を紹介します。

できる人はスライドがわかりやすい

ビジネスパーソンであれば多かれ少なかれ誰もが経験するプレゼンテーション。ですが、力を入れたはずのプレゼンに手ごたえがないと感じるときは、そのプレゼンの「伝え方」に問題があるのかもしれません。

プレゼンの伝え方は、大きく分けると次の3つ。

1. ストーリーの「組み立て方」
2. スライドの「見せ方」
3. 本番の「話し方」

実際のビジネスシーンでは、話すことが専門の方もいれば、上司や同僚のスライドを作る方、あるいは、自分で作って自分で話す方と、いろいろなケースがあると思います。そしてどのようなプレゼンへの関わり方でも必ず接するのが、プレゼン資料(スライド)です。 

見やすい、わかりやすい、丁寧に作られたスライドというのはそれだけで聞き手に好印象を与え、プレゼンの結果にもつながります。さらに、「あの人がつくるスライドはわかりやすい」というのは、社内外での評価にもつながる重要なポイント。

今日はこの「見せ方」の中でも、プレゼンテーションには欠かせない「グラフ」の使い方を取り上げたいと思います。

ここ数年、ビジュアライズやビジュアライゼーションという用語がビジネスでも使われていますが、グラフは最も基礎的なデータ・ビジュアライゼーション。数値などの膨大な文字情報の羅列にすぎないデータを、見る側が読み取りやすく、わかりやすくするためにビジュアライズしたものがグラフです。

次ページ円グラフの効果的な使い方は
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT