「円グラフ」の説得力が劇的に変わる使い方

プレゼンの反応も変わってくる

数字がたくさん並んでいるだけでは要点がはっきりしないデータも、線とカラーで構成されるグラフに変換されることで伝えたいポイントが明確になります。このグラフが使いこなせるかどうかが、スライドの見せ方を大きく左右します。

ただ残念ながら、PowerPointの標準グラフを “なんとなく” 使っているだけでは、わかりやすいグラフとは言えません。ここからは、ちょっとしたコツでグラフが見やすく、わかりやすくなるテクニックを3つの例で紹介します。

円グラフの特性は「角度」

1. 円グラフで対比を見せる

円グラフといえばAが何%、Bが何%、C、D、E、F、その他……というように 複数の要素を含むものが定番と思われがちですが、要素が多すぎるとかえって見づらくなってしまいます。実は円グラフは、限られた要素の比率を伝えるときのほうが、より高い「伝わる」効果が発揮できます。

例えばYesとNoのように2つだけの要素の対立を示すとき。

もちろんこのような対比を表すケースでは棒グラフで表現してもいいのですが、円グラフの特性は「角度」。棒グラフでは「面積の差」をビジュアライズして2項目を対比させますが、円グラフでは「面積の差」に加えて「放射線がつくる角度」という視覚要素が加わります。時計などで見慣れた放射線状の区切り線が、2つの様相の対比を寄り直感的に認識させてくれます。

カラーリングのアドバイスとしては、片方の要素をカラーに、もう片方を薄いグレーにするのが、視認性を高めつつセンスよくまとめるコツです。目立たせたいからといって両方に目立つ色を使う必要はありません。

また、円グラフそのままでは少しかわいい印象になってしまうのが気になるときは、円グラフの中央に背景色と同じ色で描画した図形の円を重ねてみましょう。これだけで円グラフが細めのドーナツ状になり、ビジネスシーンでも好印象なスタイリッシュなグラフに仕上がります。この手法では、空いた中央部分に文字情報が配置できるため、グラフを大きく表示してスライド画像をすっきりと見せる効果も。

2. 棒グラフの要素名が多いときはグラフを倒す

棒グラフでしばしば目にするのが、要素名が長くておさまりきらず、斜めにしたり、複数行にしたりと試行錯誤をして無理やり詰め込んでいるパターン。読み取りづらいと同時に、スライドもスマートさを欠く印象になってしまいます。

こんなときは、棒グラフそのものを横に倒してみましょう。スライドは基本的に横長画面なので、要素名が長いときはこちらのほうが見やすくなります。また、横にするときには量が多い要素、あるいは話で取り上げたい要素が上に来るように順序を整えておくのがおすすめ。人の視線は上から下に流れるため、このひと手間を加えることでバランスよく見やすいスライドに仕上がります。

次ページグラフをさらに「効果的」にするテクニック
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT