お腹の脂肪が落ちる!「プチ糖質制限」5大秘訣

「40代でもお腹は凹む!」とっておきの方法は?

「自分ではとっていないつもりでも、糖質をとってしまっていた」というような「隠れ糖質」は、実は普段の食生活に多く潜んでいます。

【5】実は食べていた「隠れ糖質」を見抜く

「プチ糖質制限」で意外な盲点になるのは、「気づかずにとっている糖質=隠れ糖質」です。

「糖質制限をしているのに全然効果がない」という人がいますが、話をよく聞いてみると、自分では気づかないところで糖質をとっていたりするのです。

主食となるご飯やパン、お菓子以外にも 「糖質を含む食べ物」は結構あるものです。野菜では、じゃがいも、さつまいもといったイモ類のほかに、れんこん、かぼちゃ、そら豆なども糖質が多めです。

果物は、バナナ、ぶどう、もも、なし、マンゴー、柿なども糖質が高くなっています。シロップ漬けの缶詰は、もちろんもっと高いです。スポーツドリンク、市販の野菜ジュースなども糖質が高めなので注意しましょう。

そして、意外に見落としがちなのは調味料です。とんかつソース、ケチャップ、オイスターソース、みりん、ドレッシングなど、糖質が高いものが結構あります。調味料は「かけすぎない」「使いすぎない」の2つに気をつけてください。

糖質は「多すぎず、少なすぎず」で、お腹は十分へこむ!

どうしても「完全な糖質制限」がダイエットへの近道に感じられますが、厳しい糖質制限をすると、エネルギー不足になりやすく、だるくなる、やる気がなくなるなどの症状が出ることもあります。

私自身も、以前、完全な糖質制限を無理に行ってしまい、エネルギー不足となってやせこけた老人のような状態になってしまった経験があります。

だから「完全な糖質制限」はおすすめできませんし、長続きしないと思っています。

糖質は多すぎず少なすぎず、上手にとることが重要です。無理に完全な糖質制限をしなくても、「プチ糖質制限」だけで、「お腹をへこませる」のが目的なら、十分効果は期待できます

「プチ糖質制限」をすることで、「太りやすくなる」といわれる40代以降でも、「内臓脂肪」を落とし、「見た目」も若返った「健康な体」に近づくことができる、私は実体験からそう確信しています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT