「口の乾き」が招く健康被害を侮ってはいけない

よくかんだり話したりしないと「唾液」が減る

でも、薬の副作用・ストレス・生活習慣などによって、「口がつねに乾いている」、いわゆるドライマウスの状態になることは、誰にでも起こりうることなのです。 

「トイレに行きたくないから、あまり水を飲まない」という方がいますが、口腔外科医の私に言わせると、「口の乾きは死への近道」です。唾液が減って口の中が乾くのは、緊張など精神的な原因によることもありますが、血管内の水分が不足している証拠です。実は、体内の水分が20%失われるだけで死に至る可能性があります。4%失われると、疲労がひどくなり、尿が出にくくなるなどします。3%失われると、唾液が減って強い乾きを感じます。 

例えば体重65kgの成人男性の場合、水分は体重の約6割ですから、約39kgが水分です。水分39kgの3%は1.08kgで、水の1kgは1Lですから、唾液が減る目安の3%は、2Lのペットボトル半分くらい。それだけの水分が減るだけで、体に変調を来すということになります。「すごくちょっとだな」とは思いませんか? そうなんです、実は、私たちの体は、すぐに、あっという間に水分不足になりがちなのです。

そして、その危険をいち早く知らせてくれる兆候こそが、口の乾き、つまり唾液が減って口の中が乾燥した状態なのです。

唾液現象のリスクは「食べにくい」だけでは収まらない

高齢になると、窒息死が増えます。多くの高齢者が、食事をのどに詰まらせて人生の終わりを迎えるのです。その大きな原因の1つが、唾液が減ったことにあります。「唾液が出なくても、水で流し込めばよい」と思っているとしたら、それはとても危険な発想です。のどに詰まったお餅を水で流し込めず、さらに詰まらせてしまうケースも多発しています。よくかまずに食べものを口の中にどんどん入れる「つめ込み食べ」も危険です。口の中のものをなめらかに飲み込むためには、唾液の力が不可欠といえます。水では代わりにはならないのです。

窒息死だけではありません。高齢になると、肺炎にも注意が必要です。間違って気管に食べものや飲みものが入ってしまう「誤えん」による肺炎(誤えん性肺炎)もあわせると、年間13万2629人が肺炎によって亡くなっています(厚生労働省発表の「人口動態統計(確定数)」〔2017年〕による)。 

実は私の祖父も肺炎で突然亡くなりました。祖父が亡くなってから祖母は、どこか元気がないように見えます。2人は、すごく仲のよい夫婦でした。私も毎年、祖父に会えるのを楽しみにしていました。祖母のおだやかな日常の幸せも、私の楽しみも、急な肺炎が奪ってしまったのです。

もし気管に飲食物が入っても、若い人であれば、むせることで、多くの場合、気管から飲食物を出すことができます。しかし、高齢になって、のどの感覚が弱まる(反射が衰える)と、気管に飲食物が入っても、むせが出なかったり、出にくくなったりする危険性が高まります。

次ページ口を使わないと唾液が減ってしまう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT