相続人の「関係者」が遺産分割をこじらせる

決してやってはいけない「相続」3ポイント

「しかし、住まない家でも固定資産税はかかります。雑草などで近所から苦情が来ることもありますから、放置していいことはありません」(本郷先生)。

誰も住まなくなった家は傷みやすくなりますし、庭木の枝が隣家に及んでトラブルになることもあります。それを防ぐために、地元の不動産会社などが定期的に見回りをしてくれる「空き家管理サービス」も増えていますが、費用がかかります。

「財産放棄」の落とし穴

いっそのこと、相続放棄をした方がいいのか――。そう考える人もいるでしょうが、注意しなければならない点もあります。 

まず、一部の財産だけを放棄することはできません。放棄するのであれば、全ての相続を放棄することになります。預貯金などがあったとしても受け取れなくなります。

「放棄した人は最初から相続人ではなかった扱いになります」(本郷先生)。

例えば、妻と子が相続人の場合、2人が相続放棄すると、亡くなった人の両親や兄弟が相続人になる可能性があります。自分たちが放棄してもそれで終わりではありません。ほかの親族に影響を及ぼし、トラブルになる可能性があることを知っておく必要があります。

■相続放棄の3つのデメリット
1、全ての相続財産を手放すことになる。
2、一度相続放棄をすると2 取り消しはできない。
3、相続の順位が変わり、トラブルが発生することも。

(取材・文/向山 勇 イラスト/山崎のぶこ)

<教えてくれた人>
本郷 尚(ほんごう・たかし)先生/1947年生まれ。1973年、税理士登録。1975年、本郷会計事務所開業。現在、株式会社タクトコンサルティング会長。著書に『改訂新版 女の相続 ~SIX STORIES~』『笑う税金』『こころの相続』など。
毎日が発見ネットの関連記事
●相続した自宅を「共有名義」にするのはトラブルの元/相続「やってはいけない」8ヵ条
●森永卓郎さんが教える「年金13万円時代」を生き抜く術
●「死ぬことは本当に悲しいことなのか?」長男の闘病、そして死/柳生博さんインタビュー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。