余命6カ月、森永卓郎が糖尿病を克服できたワケ

1人でやっていると限界を超えるのが難しい

森永卓郎さんは糖尿病をどのように克服したのか、その秘けつを聞きました(写真:8x10/PIXTA)  
軽妙な語り口でおなじみの森永卓郎さんは、実は「余命6カ月」と宣告された糖尿病を克服した経験の持ち主。今回は森永さんご自身の「糖尿病の克服」についてです。

余命6カ月から劇的変化

──森永さんは驚くべき早さで糖尿病を克服されました。その秘けつはなんだったのでしょう?

糖質まみれで太ってしまった結果、2009年に糖尿病と診断され、余命6カ月だと言われたんですよ。HbA1c(※1)が11.4、血糖値は400㎎/dlを超えていて、3カ月以内に失明すると。

当記事は「毎日が発見ネット」(運営:毎日が発見)の提供記事です

もう馬が食べるぐらい大量の薬を飲んで、おなかに注射を打ってという暮らしだった。

そこからライザップ(※2)をやったんです。実は、医師が5人ぐらいつき、医療監視の下でのチャレンジでした。そうではないと危ないからと。

そうして取り組んだ結果、2カ月半後には血糖値、HbA1cともに正常値になり、以来、一度も治療はしてない。もちろん定期検査は受けていますよ。何の問題もないです。

※1 HbA1c の正常値は5.6%未満、5.6 以上~6.5%未満は要注意、6.5%以上は糖尿病型とされます
※2 ライザップはトレーニングジム。メディカルトレーナーや医療機関と連携し、独自のプログラムを提供しています

──減量のための運動というのは大変でしたか?

「余命6カ月」の糖尿病を克服した森永卓郎さん(写真:毎日が発見ネット)

減量中は週2回、1回50分のトレーニングを受けるんですけど、休んでいる時間もあるので実際は25分ぐらいだと思います。自分の限界をちょっと超えるぐらいまでやるのがコツなんですね。

ただ、1人でやっていると限界を超えるの難しいんですよ。だからトレーナーが必要なんですね。

実はずっと言い続けているんですけど、社会保障制度を安定して運営させるためには、医療の前にトレーナーをつけるべきだと思うんです。

お医者さんが言っていることは正しいんですけど、お医者さんが一人ひとりをべったり見ていられるかっていうとそんな暇はないわけですよ。だからべったり付く人っていうのを考えるべきだと思いますけどね。緩い形なら、家族や友達がチェックするのでもいいですよね。

次ページ糖質制限で苦労したことは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。