両立困難で大企業を退職。そのとき母は?

強烈な焦り、孤独感…そして再起へ

メンバー全員が、職を持つママ

こうして、「東京ワーキングママ大学」の構想は固まった。運営メンバーは、「キラきゃりママ」を介して出会った人たちに、「この指とまれ方式」で募っていった。

「コンテンツを作るチーム、渉外営業チーム、プロモーションチームなど役割ごとにチーム・ビルディングし、打ち合わせや情報共有はフェイスブックを活用しています。基本的に、昼休みや移動中に、作業してくれていますが、中には、会社帰りに歩きながら、スカイプを使った会議に参加してくれる人もいるほどの熱気」だという。

もっとも、現在20人ほどいる運営メンバーは、ほぼ全員が仕事を持つワーキングマザーだ。ただでさえ難儀な仕事と子育ての両立に加え、無報酬のボランティアでママ大学の設立準備をするには、半端ではないモチベーションが必要だろう。

どのように、チームメンバーを統率し、メンバーの士気を高めているのか?

「『このプロジェクトを絶対に成功させよう』『ママ大学を立ち上げよう』という強い意欲がある人でなければ続かないと思ったので、自ら手を挙げてくれた人のみでチーム編成しようと、最初から決めていました。また、以前に、リーダーが2人状態になってしまい、チーム作りに失敗したことがあったので、その時の教訓を生かして、メンバー同士はあえてキャラクターがかぶらないように配慮しました。

さらに、メンバーには自分の強みがわかるWeb診断を受けてもらい、それぞれの強みがどこにあるのかを把握するようにしました」

それでも、チーム発足当初は皆、一様に高かったモチベーションも、時間の経過と共に下がってくる。リーダーの大洲さんは、そのケアにも細心の注意を払う。

「体調を崩した人やモチベーションが下がった人には、『今は休みましょうね』と言って負担を減らすなどしています」

その成果は、着実に結果になりつつある。

東京ワーキングママ大学のメンバーたちと。1昨年10月には総勢200人を集めたイベントを成功させた

「昨年10月に行った『ワーキングマザー・フォーラム』は、メンバーが交渉した結果、東京ミッドタウン内のヤフーの会議室を無料で貸していただくことに成功。有料にもかかわらず、200人のワーキングマザーを集めることができました」

そして現在は、秋に予定している東京ワーキングママ大学の1期生を迎える準備に追われる毎日だ。

「リーダーシップや交渉力から、ネットワーキング、ITスキルまで各界の先達から学び、未来の“ママ・リーダー”を養成することを目指しています。具体的には、ペンシルベニア大のウォートン校で行われる、『トータル・リーダーシップ』という家庭と職場とコミュニティでリーダーシップを発揮する手法や、子どもと同時に学べる『親子留学プログラム』などを用意する予定です」

「日本初のママ向けビジネススクール」を標榜するのにふさわしい内容を、目指している。

次ページ変わるワーキングマザー像
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。