カリスマ投資家が復活を期待する銘柄とは?

不祥事のかんぽ生命も少し買い増ししてみた

カリスマ投資家が冴えない相場で狙っている銘柄とは?(写真:KY/PIXTA)  
アメリカの主要市場が連日の最高値の一方で、日本の株式市場は横ばい。
そんな中、カリスマ投資家の内田衛氏は得意の「割安株」買いで利益をしっかりあげた。内田氏が次に注目している割安な株とは? 早速「株日記」で見てみよう。

やっぱり「業務停止命令は買い」でよかった?!

【7月1日 月曜日】先週末の日経225先物は、90円高の2万1310円、NYダウは、73ドル高の2万6599ドルと4日ぶり反発。アパート経営のTATERU(1435)は、30円高(17.96%)の197円と値上がり率1位となった。理由は、先週末に「預金データ改ざん問題で国土交通省が業務停止命令」と報道されていたが、その業務停止処分が7日間と発表。この措置は市場予想よりも軽いとの見方で買われた。200円で9000株売り、18万7200円の利益確定、買いは6月24日の寄付の179円で。日経平均は454円高の2万1729円と大幅高。

この連載の一覧はコチラ

【7月2日 火曜日】日経225先物は、110円安の2万1660円、NYダウは、117ドル高の2万6717ドル。TATERUは、今日も22円高(11.17%)の219円と値上がり率3位。10時12分には、34円高の231円の高値を付ける場面があった。1日早く売りすぎたな。日経平均は、24円高の2万1754円と続伸。

【7月3日 水曜日】日経225先物は、40円安の2万1680円、NYダウは、69ドル高の2万6786ドルと3日続伸で8カ月ぶり高値。優待保有銘柄で、パルコ(8251)が、54円高(4.83%)の1172円と大幅高。日経平均は、116円安の2万1638円。

【7月4日 木曜日】日経225先物は、130円高の2万1720円。NYダウは、179ドル高の2万6966ドルと米利下げ期待で、9カ月ぶり最高値更新。日経平均は、64円高の2万1702円と反発したもののNYダウと比べて小さい。

【7月5日 金曜日】日経225先物は、10円安の2万1660円、NY市場は休場。日経平均は、43円高の2万1746円と小幅続伸。米利下げ期待で、高分配金利回りのREIT(不動産投資信託)が買われる。

次ページ吉野家が久々の好決算!
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
親子で話し合う<br>相続・終活・お墓

親子の3大難題を解決に導く決定版。相続で「もめない」23の鉄則、子や孫が助かる「生前贈与」のフル活用法、財前直見さんが勧める「ありがとうファイル」の作り方、「免許返納」で親を説得するポイントなど最新情報を満載。

  • 新刊
  • ランキング