原宿から生まれたフランス人インスタグラマー

無名の女の子が日本でフォロワー1万人超に

竹下通りで際立つ個性を発揮していた彼女は、夢に向かって進む在日5年のインスタグラマーでした(筆者撮影)
普段、何気なく歩いている道や通り。でも、行きかう人たち、たたずむ人たちに意識して目を向けると、あの人は何者だろう?何をしているんだろう?と気になることがないだろうか。これは、そういう「路上の人」に話を聞こうという企画だ。
インタビューとは通常、何かしらユニークな取り組みをしていたり、特筆すべき成果を上げている人に対して行う。手続きとしてはアポを取り、場所を用意し、下調べをして聞きたいことを整理してから臨む。
僕も普段はそのようにして仕事をしているけど、それとは別に、路上で見かける「気になる人たち」に話を聞いてみたいと思った。日常のなかでほかの人とは異なる存在感を放つ彼ら、彼女らから、自分が知らない世界、社会がのぞけるかもしれない。イレギュラーな出会いだからこそ、普段は耳にしないような言葉を聞けるかもしれない。
この企画の第1弾として声をかけたのが、マチルダさんだった。

出会いは原宿の竹下通り

原宿駅の竹下口を出て、竹下通りを歩く。明治通りまで続くおよそ350メートルの通りは、平日の午後も人が多い。その大半が外国人観光客と修学旅行生で、さまざまな国の言語と若者たちのはしゃぐ声が耳に入る。

メインの通りは人であふれかえっているのに、途中にあるいくつかの細い横道は閑散としていた。僕はそこに置かれたベンチに腰掛け、ペットボトルの緑茶を口に含んだ。少しボーっとしていると、目が覚めるようなカラフルなファッションをした、明るい水色の髪の毛の女の子が、竹下通りを原宿駅方面に歩いていくのが目に入った。一瞬躊躇した後、ベンチを立ってその子を追いかけた。

いろいろなファッションをした人がいる竹下通りながら、その子の個性は際立っていた。いい意味で周囲から完全に浮き上がっていて、彼女とすれ違った外国人観光客がみな、振り返っている。どんな子なのだろうと距離を縮めて気がついた。外国人だ。もしかしたら彼女も観光客だろうか? 

「エクスキューズミー、キャンユースピークジャパニーズ?」

つたない英語で話しかけると、驚いた様子で振り返った彼女から「はい」と日本語が返った。

次ページアルバイトに向かう途中だった彼女は…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。