レクサスのデザインはここまで徹底している

部外者立ち入り禁止の「聖域」で神髄を見た

レクサスに限らずだが、通常、量産車は、デザインがほぼ確定した時点で、量産できるかを生産技術の担当者が検討し始める。既存の技術でできれば簡単だけれど、複雑なカーブなどは新しい手法を生み出さないとできないことも少なくない。

いま生産技術で注目されているのは、アルミニウム板の取り扱いだ。レクサスでは、今後、軽量化(軽い=省燃費化)に貢献するという理由でアルミニウムをボディーパネルにも積極的に使っていく方針だ。しかしアルミニウムは曲げに強くなく、小さく曲げると割れてしまうという性質を持つ。

「とはいえ、すぐにデザイナーに“できません”なんて言いたくないじゃないですか。“アルミをこんなに曲げられるのか?”と最初は疑問に思っても、なんとか工夫して、量産ラインに載せられるような作りかたを工夫したいんです」

「LF-1 limitless」の複雑な面も量産できるというのがすごい(写真:LEON編集部)

デザインセンターで出会ったレクサスの生産技術の担当者はそう語った。精度と面品質(歪みや凹凸のない面)と生産性を、生産技術はつねに考えながら、デザイナー案を現実のものにするべく粉骨砕身の努力をしているのだ。

レクサス車でとりわけ苦労したのは、アルミニウム板の使用を拡大した大型高級クーペ「LC」(2017年)でした、と生産技術の担当者は明かす。ドアのパネルに(実は)複雑なカーブを入れて、実際の厚み以上に、張り出し感と奥行き感を出したい、というのがデザイナーの望みだった。金型まで見直して、それを実現したそうだ。

徹底した作り込みに込めた思い

素人目には、確かに美しいカーブだな、ぐらいにしか見えないが、プロには“すごいな”と思える仕上がりなのである。見た目のいいものは、実は、生産者が半端ない努力をした結果だということだ。

扱いにくい素材で複雑な形状のボディーを作るのは、いまのレクサスの挑戦(の1つ)という。「挑戦がないと進歩がないですから」という生産技術の担当者の言葉が印象的だった。

レクサスでは「クラフテッド(crafted)」という言葉をよく使う。レクサスでデザインを担当する須賀厚一部長によると、最後まで徹底的に作り込むこと、を意味するそうだ。

フルスケール(実物大)のクレイモデルはデザイナーの意図を汲みながらモデラーが丁寧に面づくりをしていく大事なプロセス(写真:LEON編集部)
次ページレクサスでないとできない美を生出すクラフテッド
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。