熊本県の温泉郷で「地獄を見た」3兄弟の奮闘

「熊本で最も最悪な土地」の復興を目指して

熊本地震直後の土石流で被害を受けながらも、再建の道のりを歩んでいる。左から、熊本県南阿蘇村・地獄温泉「青風荘」経営者、河津進さん、謙二さん、誠さん(写真:GARDEN Journalism)

2016年4月に九州地方を襲った熊本地震直後の土石流で、壊滅的な被害を受けた熊本県南阿蘇村の地獄温泉「青風荘」(「清風荘」から屋号変更)。100年以上続くこの宿を失ってはいけないと、先代から引き継いだ河津3兄弟が歯を食いしばって1歩1歩再建への道程を歩んできた。ずっと応援してきた。しかしそこに、また大雨の被害が襲ってきた。

熊本県南阿蘇村の温泉郷、垂玉、地獄温泉。古くから湯治場として栄え、200年以上を経た今も人々に愛され続けてきた。江戸時代には、熊本藩士のみに入浴が許されたという格式もあり、傷ついた体を癒やす秘湯として知られる名高い温泉だ。

復興に向けて奮闘する温泉郷

しかし、2016年6月、地震後の大雨によって源泉を囲む山々が崩れ大規模な土石流災害が発生。泥と岩と木々とで真っ黒になった濁流が温泉郷を飲み込んだ。発生から10カ月が経過した今も山肌から水が道路に染み出し、アスファルトの亀裂を広げながら土地を傷め続けている。

本記事はGARDEN Journalism(運営会社:株式会社GARDEN)の提供記事です

「熊本で最も最悪な土地だ」と、地元の被災者は嘆く。

地域のシンボルでもある温泉郷。140年以上の歴史を守ってきた老舗旅館「青風荘」は壊滅的な被害を受けた。旅館の経営者、河津誠さん、謙二さん、進さん3兄弟は自分たちの代で旅館を終わらせてはならないと復旧、復興に向け奮闘を続けている。

旅館は地域の人たちの雇用の場にもなってきた。自分たちが復興しなくては地域の復興にもつながらないと奮闘してきたが、被害の深刻さに時折本音が深いため息とともに漏れた。

次ページ「青風荘」を初めて訪ねたのは3年前
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。