吉野家株の「逆襲」に、ニンマリ

「うまい、安い、鍋遅い」なのかもしれないけど・・

そこで下がると思って空売りしてみた売り方は、昨年12月5日から新発売された「牛すき鍋膳」(火のついたコンロにのせて提供される)並盛580円の新メニュー投入で株価にも火がついた。吉野家といえば、「うまい、やすい、はやい」であるが、鍋については「うまい・やすい・ご ゆっくり」だそうだ。

ネットで見てみると一部では「うまい、やすい、鍋遅い」という意見もあるが。吉野家ホールディングスは、2月本決算企業で、期末配当10円(中間配当10円)で年20円配、株主優待が、100株で300円のお食事券10枚(年2回)もらえる。来月の優待権利獲得狙いの買いも予想され、(NISA口座で買っている人もいるかも)株価はもう少し上がりそうだな。

【1月15日(水)】NYダウは、115ドル高の1万6373ドルと5日ぶり反発。日経平均は、386円高の1万5808円と大幅高。あー、こんなに上がるのだったら日経225先物を1万5500円位で買っておいても良かったのかな。年初から荒っぽい値動きについて行けない。

【1月16日(木)】NYダウは、108ドル高の1万6481ドルと続伸。マルハニチロホールディングスから臨時株主総会の案内が届く。第1号議案は、「吸収合併契約承認の件」で、平成26年4月1日に、マルハニチロ食品を吸収合併存続会社として、アクリフーズは、吸収合併消滅会社となるようだ。もしかしたら、この事と例の事件と何か関係があるのかも?

【1月17日(金)】NYダウは、64ドル安の1万6417ドルと反落。日経平均は、12円安の1万5734円と小幅続落。週足では177円安と週足2週陰線となってしまった。チャート的には、13週移動平均線辺りまで降りてきたので、この辺で下げ止まるか見極めたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT