吉野家「値下げ」及ばず3四半期連続赤字

営業利益6割増計画に黄信号も

牛丼並盛り380円から280円への値下げ戦略は、まだ効果が不十分――。

牛丼業界大手、吉野家ホールディングスの今第1四半期(2013年3~5月期)は、前期の第3四半期(12年9~11月期)以来、3四半期連続の最終赤字に陥った。

「最悪だよ」――。第1四半期決算説明会の場で、吉野家ホールディングスのある幹部はそうつぶやいた。嘆きたくなるのも無理はない。同社が7月5日に発表した第1四半期決算は、売上高が425億円(前年同期比6.6%増)、営業利益が7.5億円の赤字(前年同期は3億円の黒字)、純利益も4.9億円の赤字(同1.2億円の赤字)と、惨澹たる内容だったからだ。

うどんやステーキは堅調だが、牛丼広告費などかさむ

吉野家ホールディングス傘下には比較的堅調な子会社も含まれる。

第1四半期の3カ月分をみるかぎり、讃岐うどんを直営とFCで展開する「はなまる」は、商品改良やテレビ番組への露出により、セグメント利益(営業利益に相当)が2.6億円(前年同期比70%増)と大幅な増益。

ステーキのファミリーレストランを運営する「どん」も、店舗改装や販促の実施が効き、セグメント利益が0.9億円の黒字(前年同期は100万円の赤字)と黒字転換を果たした。

次ページ値下げ効果は出たのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT