吉野家「値下げ」及ばず3四半期連続赤字

営業利益6割増計画に黄信号も

食材原価も販売管理費も膨らんで収益が圧迫されたことから、第1四半期の国内吉野家事業のセグメント利益は6.6億円の赤字に終わり、前年同期比では12億円近くも悪化した。

会社は営業利益6割増の期初計画を据え置いたが…

今回の第1四半期決算発表に当たって、会社側は足元の食材価格高騰はあっても、人件費や諸経費の見直しで通期の挽回は十分可能だと判断。今2014年2月期の売上高1730億円(前期比5.1%増)、営業利益30億円(同60%増)という、期初計画を据え置いた。この会社計画の前提となる国内吉野家の既存店売上高は、通年ベースで113%となっている。

ただ、吉野家ホールディングスが同時に発表した6月の既存店売上高は、前年同月比で111%。3カ月連続での2ケタ成長は維持したものの、通年の会社計画113%には届かず、値下げ効果は期待したほどには出ていない。

米国産の牛バラ肉価格も1キログラム当たり600円前後の水準が続きそうで、大きく下がる見通しにない。大幅増益を目指す会社側の期初計画には、現時点では下振れリスクもあるといえそうだ。

(撮影:大塚 一仁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。