吉野家「値下げ」及ばず3四半期連続赤字

営業利益6割増計画に黄信号も

食材原価も販売管理費も膨らんで収益が圧迫されたことから、第1四半期の国内吉野家事業のセグメント利益は6.6億円の赤字に終わり、前年同期比では12億円近くも悪化した。

会社は営業利益6割増の期初計画を据え置いたが…

今回の第1四半期決算発表に当たって、会社側は足元の食材価格高騰はあっても、人件費や諸経費の見直しで通期の挽回は十分可能だと判断。今2014年2月期の売上高1730億円(前期比5.1%増)、営業利益30億円(同60%増)という、期初計画を据え置いた。この会社計画の前提となる国内吉野家の既存店売上高は、通年ベースで113%となっている。

ただ、吉野家ホールディングスが同時に発表した6月の既存店売上高は、前年同月比で111%。3カ月連続での2ケタ成長は維持したものの、通年の会社計画113%には届かず、値下げ効果は期待したほどには出ていない。

米国産の牛バラ肉価格も1キログラム当たり600円前後の水準が続きそうで、大きく下がる見通しにない。大幅増益を目指す会社側の期初計画には、現時点では下振れリスクもあるといえそうだ。

(撮影:大塚 一仁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT