牛丼3社、流通系の攻勢受け苦しい闘い

足元の対応は三者三様ながらいずれもその場しのぎ

「すき家」を展開するゼンショーホールディングスは一転減益見通しに

外食チェーンに関する限り、デフレ解消の兆しはまったく見えていない。スーパーの200~300円台という低価格帯の弁当やセブン-イレブンを中心とするコンビニエンスストアの新商品による攻勢をうけて、牛丼チェーンがますます苦境に陥っている。

加えて、食材価格の高止まりも追い討ちをかけた。今上期まではコメの価格が高かったほか、2月に輸入規制が緩和されたことで仕入れ価格が下がると見込んだ米国産牛肉の価格も各社の想定ほど下落しなかった。中国などアジア諸国を中心に牛肉需要が高まったことが主因だ。

ゼンショーホールディングス、吉野家ホールディングス、松屋フーズの今上期の決算からは三者三様の対応に追われた様が浮かび上がる。

次ページ三者三様の対応
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT