伊東純也が説く「速く走れるたった3つのコツ」

家の中でできる超簡単な練習メニューを紹介

3. スタートは前に倒れていく勢いで

ももと腕の動かし方を学んだ次は、スタートについて。速く走るためにはスタートが肝心です。スタートをうまく切れるかどうかで、結果はかなり左右されます。

このスタートの感覚を身につけるメニューが「おやじドーン」。まず子どもの前に立ちます。お子さんは前に立っている人に向かってスーっと頭から倒れていって、その勢いで足を出し、相手を押していきます。

このメニューをやることで、正しい前傾姿勢から「ドン!」と飛び出していく感覚が身につけられます。

これで速く走るために必要なポイントがマスターできました。「たったこれだけ?」と思われるかもしれませんが、これで十分です。足の遅い子ほど、短期間で効果が出るでしょう。

しかもどれも家の中でできるメニューなので、夜遅くても、雨が降っていても大丈夫。日常生活の中で、気軽にやってみてください。

「やればできる」経験を積む

僕はこれまで、サッカーがうまくなりたい、負けたくないという気持ちだけで、がむしゃらに走ってきました。それでも1つだけ、確信をもって伝えられることがあります。

それは「速く走れると、絶対にいいことがある」ということです。なによりも足の速さを最大限に生かしたプレーで、日本代表まで駆け上がり、海外でプレーする機会も得られた僕のキャリアが、そのことを物語っています。

『子どもの足がどんどん速くなる』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

満員のスタジアムで大歓声を浴びながら、大好きなサッカーができる。ゴールを決めて、サポーターやチームメイトのみんなと喜びを分かち合う。それはすべて、足が速いおかげなのです。

足が速くなると、夢への扉が開かれます。それはスポーツに限ったことではありません。「苦手だったかけっこが速くなった」「これまでよりも速く走れた」。

かけっこを通じて壁を乗り越え、「やればできる」を体験したお子さんは、スポーツにも、勉強にも、人間関係にも、積極的に取り組むことができるようになるかもしれません。

ぜひ休日や帰宅後のちょっとした時間に一緒に練習して、「やればできる」経験をお子さんにさせてあげてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。