日本の海運会社の運航船がホルムズ海峡で被弾

世耕経済産業相「さらなる情報を収集中」

[東京 13日 ロイター] - 国土交通省の海事局安全政策課は13日、ホルムズ海峡で日本の海運会社が運航する船舶が被弾したとの情報が入ったと発表した。

被弾したのは国華産業(東京都千代田区)が運航するケミカルタンカー(船籍パナマ)で、日本時間午前11時45分(現地時間午前6時45分)ごろ発生した。日本人の乗組員はいなかったとの情報があるという。

世耕弘成経済産業相は「日本関係の積荷を積んだ船が攻撃された。さらなる情報を収集している」と明らかにした。乗組員にけがはないという。

世耕経産相はまた「現時点で日本のエネルギーの供給には全く問題は生じていない」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。