「未婚男性」は未婚女性より340万人超多い現実

世界で起きている「男余り現象」とは一体何か

ちなみに、現在の中国の年齢別未婚率の状況は、ちょうど1970年あたりの日本の状況と酷似しています。中国においては20年後の2040年以降、日本同様40~50代の未婚者急増の状態に突入するものと予想されます。

とにかく、世界中至る所で男が余っています。結婚したい男性にとっては受難の時代です。しかし、こう書くと、未婚女性は全員結婚できそうなものですが、現実はそういう数字合わせのようにはいきません。

結婚を希望しない女性も増えている

インドのように、今でもお見合いによる結婚が主流の国は別にして、個人が最適化を求めれば求めるほど、全体のマッチング総数は激減してしまうものです。また、結婚を希望しない女性も増え続けていますから、実質結婚できない男は、もっともっと多いのです。

「いや、でも、最近は離婚も多いし、再婚する女性と結婚するという手もあるよね」という意見もあるでしょう。

確かに、3組に1組は離婚すると言われている現代の日本。未婚男女の人口差は圧倒的に「男余り」なんですが、離別死別者だけで見ると、逆に「女余り」になっています。全年齢合計では離別者は138万人、死別者は627万人も女性のほうが多い女余りです。

次ページ離別死別者を合計すると
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。