アジアで"日系コンタクトレンズ"に商機

飽和状態の国内を脱出せよ!

東南アジアの「目の健康」は先進国の2歩後ろ

「目の中にレンズを入れるなんて……」メニコンの創業者である田中恭一氏が日本初の角膜コンタクトレンズの実用化を成功させて間もない1950年代半ばから後半当時は、日本人の多くがおそらくそう思っていただろう。コンタクトレンズの普及には啓蒙が必要なのである。

東南アジアでは、シンガポールとそのほかの諸国との間に啓蒙の度合いに雲泥の差がある。シンガポールは日本とあまり変わらない。インターネット環境が十分に高度化し、現地で暮らす一般市民にもほかの先進国の情報が共有されていることがその理由のひとつだろう。

しかしそれ以外の国では、コンタクトレンズ以前に、そもそも正しい視力矯正のやり方というものが知られておらず、自分の目に合った度数の眼鏡を選び取ることすらままならない状況。眼鏡~コンタクトレンズ~レーシックなどの角膜矯正手術、という視力矯正の発展段階を踏んできた先進国の2歩後ろを歩いているような状況だ。

さらに、モラルの問題もある。日本では、自分の目に合った度数の眼鏡を掛けていないと、さらに目が悪くなってしまうといった目の健康を保つための考え方が、60年ものコンタクトレンズの歴史の中で構築されてきた。衣食住が満たされ、生活が豊かになり、テレビを見て本を読むようになって、自分の目が悪くなったということに気がつき、それに対応してきたからだ。しかし東南アジアではこれからだ。

そして、インカム(収入)の問題。買いたくても買えない人もいるということ。こうして考えてみると、コンタクトレンズに対する啓蒙の度合いというものは、その国や地域の経済的な発展段階を表しているように思える。

メニコン直営の「Miru」ブランド店舗

しかし、東南アジアを攻略できる可能性はあるという。メニコンの担当者は、「各地域で生活環境が変わってPCの使用などが増えていけば、眼鏡のニーズが増え、コンタクトレンズのニーズも出てくるのではないか。東南アジアの気候として、雑菌などの繁殖が心配されるので、使い捨てコンタクトレンズは衛生的であることから受け入れられる可能性はある」と語る。

次ページ日本の技術力が東南アジア人の目にフィット?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。