菅官房長官「増税方針、G20で各国に説明」

消費増税は結局予定通り実施されるのか?

 6月6日、菅義偉官房長官は午後の記者会見で、消費税率引き上げの必要性や十分な対策を講じていることについて、G20などの場で各国に説明していきたいと述べた。写真は都内で2012年11月撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 6日 ロイター] - 菅義偉官房長官は6日午後の記者会見で、消費税率引き上げの必要性や十分な対策を講じていることについて、G20などの場で各国に説明していきたいと述べた。

官房長官は、日本経済について「内需を支えるファンダメンタルズはしっかりとしており、緩やかな回復基調にあることは変わっていない」と述べた。

その上で、消費増税については「全世代型社会保障の構築に向けて、子育て世代への投資をしっかりと行うとともに、経済に影響を及ぼさないように十分な対策を講じる」とし、「こうした考え方をG20などの場でしっかり各国に説明していきたい」と述べた。

安倍晋三首相のイラン訪問については「41年ぶりの首脳によるイラン訪問で伝統的友好関係を一層促進することができる。今回のイラン訪問が有意義なものになるようにしっかりと調整を進めている」と述べた。ただ、具体的な日程は「現時点で何ら決まっていない」とした。

 

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 小幡績の視点
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。