菅官房長官「増税方針、G20で各国に説明」

消費増税は結局予定通り実施されるのか?

 6月6日、菅義偉官房長官は午後の記者会見で、消費税率引き上げの必要性や十分な対策を講じていることについて、G20などの場で各国に説明していきたいと述べた。写真は都内で2012年11月撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 6日 ロイター] - 菅義偉官房長官は6日午後の記者会見で、消費税率引き上げの必要性や十分な対策を講じていることについて、G20などの場で各国に説明していきたいと述べた。

官房長官は、日本経済について「内需を支えるファンダメンタルズはしっかりとしており、緩やかな回復基調にあることは変わっていない」と述べた。

その上で、消費増税については「全世代型社会保障の構築に向けて、子育て世代への投資をしっかりと行うとともに、経済に影響を及ぼさないように十分な対策を講じる」とし、「こうした考え方をG20などの場でしっかり各国に説明していきたい」と述べた。

安倍晋三首相のイラン訪問については「41年ぶりの首脳によるイラン訪問で伝統的友好関係を一層促進することができる。今回のイラン訪問が有意義なものになるようにしっかりと調整を進めている」と述べた。ただ、具体的な日程は「現時点で何ら決まっていない」とした。

 

(清水律子)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。