菅官房長官「増税方針、G20で各国に説明」

消費増税は結局予定通り実施されるのか?

 6月6日、菅義偉官房長官は午後の記者会見で、消費税率引き上げの必要性や十分な対策を講じていることについて、G20などの場で各国に説明していきたいと述べた。写真は都内で2012年11月撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 6日 ロイター] - 菅義偉官房長官は6日午後の記者会見で、消費税率引き上げの必要性や十分な対策を講じていることについて、G20などの場で各国に説明していきたいと述べた。

官房長官は、日本経済について「内需を支えるファンダメンタルズはしっかりとしており、緩やかな回復基調にあることは変わっていない」と述べた。

その上で、消費増税については「全世代型社会保障の構築に向けて、子育て世代への投資をしっかりと行うとともに、経済に影響を及ぼさないように十分な対策を講じる」とし、「こうした考え方をG20などの場でしっかり各国に説明していきたい」と述べた。

安倍晋三首相のイラン訪問については「41年ぶりの首脳によるイラン訪問で伝統的友好関係を一層促進することができる。今回のイラン訪問が有意義なものになるようにしっかりと調整を進めている」と述べた。ただ、具体的な日程は「現時点で何ら決まっていない」とした。

 

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。