2014年の市場は「退屈への反乱」に警戒せよ

すべての投資家が、楽観論に安住している時こそ危険

米国の実体経済は順調だ。また財政問題は、共和党が票にならないことを察知して手を引いたので、問題はなく、イエレンFRB新議長に多少の不安は残るが、フィッシャーを副議長として呼び戻したことで、無難に乗り切ると思われる。

もちろん、日本も実体経済は穏やかで、消費税引き上げの影響は、1997年ほどのことはなく、多少の景気減速はあるだろうが、米国が崩れない限り、崩れないだろう。アベノミクスも金融政策を打ちつくしてしまえば、あとはめぼしいことはなく、せいぜい財政の大盤振る舞いで、これはマイナスだが、自民党なら予想通りで、コストとして折込み済みだ。

だから、投資家たちは退屈なのだ。材料がない。それでは、市場は動かないから、やることがない。それでは困るのだ。安倍政権批判のネタがなさ過ぎて困ったメディアが、特定秘密保護法を必要以上にネタにしたのと、同じだ。だから、今年は、何も起きないからこそ、小さな事件に対して、市場は大きく反応するだろう。2013年が良すぎたし、投資家も買いこみすぎたし、楽観的過ぎるから、仕掛けは下方向だが、結局は、乱高下で、水準的には、上がるのは難しいが、大きく下げることもないだろう。

2014年は、退屈への叛乱に注意が必要だ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT