「日産デイズ」と「三菱ek」乗ってわかった実力

それぞれの車種の違いを体感した部分とは

3月下旬に発売した三菱自動車の新型軽自動車「ekワゴン」(右)と「ekクロス」(筆者撮影)

今回紹介する軽自動車は、日産「デイズ」、三菱「ekワゴン&ekクロス(X)」の2台。この2台はいわゆる車高を高めた「ハイトワゴン」に分類される。ちなみに、デイズ&ek系よりもさらに車高の高いモデルは「スーパーハイトワゴン」(例/ダイハツ「ウェイク」やスズキ「スペーシア」など)と呼ばれ、車内が広いことから容積型とも言われている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ご存じのようにデイズとek系の2台は、日産と三菱の合弁会社である「NMKV」の手によるもので今回が2代目。2013年に登場した初代デイズ&ek系は三菱が主導して開発が進められたが、2代目は日産が全面に出て企画、開発が行われた。なお、製造は初代と同じく三菱の水島製作所で行われる。今回は、デイズとek系の2台を同日に公道で試乗することができたのでその様子をリポートしたい。

3種類の搭載エンジン

試乗したグレードは、デイズが2モデルで「ハイウェイスターX」と「ハイウェイスターGターボ」、ek系は3モデルで「ekワゴン G」「ekクロス G(4WD)」「ekクロス T(4WD)」。日産、三菱両社の開発者に伺ったところ「デイズとek系の2台では、グレード構成や装備にこそ差はありますが、走行性能に関しては変更点がありません」とのこと。

今回発売された日産「デイズ」(筆者撮影)

グレードはデイズでは標準的なスタイルの「スタンダード」に「S」と「X」が、シャープなスタイルの「ハイウェイスター」には「X」と「G」がそれぞれ用意される。ek系では標準的なスタイルのekワゴンが「M」と「G」、デイズではハイウェイスターに相当するスタイルのekクロスでは、「M」と「G」、そして「T」をラインナップする。

試乗の前に搭載エンジンについて。デイズ&ek系はグレードによって、通常の①「NAエンジン」、それにモーターを組み合わせた②「NAエンジン+ハイブリッド」、さらにターボエンジンにモーターを組み合わせた③「ターボエンジン+ハイブリッド」の3種類が用意されている。

この3種類のエンジンのうち、デイズのSとX、ekワゴンのMとGが①を、デイズのハイウェイスターX系、ekクロスのMとGが②を、デイズのハイウェイスターG系とekクロスのTが③を搭載する。

次ページ実際に試乗してみると・・・
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT