日産と三菱自、「新型軽」で異例の役割分担

初めての試みは「3社連合再生」につながるか

日産自動車と三菱自動車が発売した新型軽「デイズ ハイウェイスター」(左)と「eK X」(写真:尾形文繁)

「日産自動車が持つ先進技術と、三菱自動車の軽自動車づくりのノウハウを融合させた」(三菱自の益子修会長兼CEO)

日産と三菱自は3月28日、共同開発した軽自動車の新型車をそれぞれ発表し、販売を開始した。2013年以来6年ぶりのフルモデルチェンジとなるが、開発・設計は日産、生産は三菱自とそれぞれの得意分野に合わせて役割分担することを初めて試みた。

日産の「虎の子技術」を三菱自が採用

今回刷新されたのは、日産は「デイズ」と「デイズ ハイウェイスター」、三菱自は「eKワゴン」と「eK X(クロス)」の各2種類。プラットフォーム(車台)やエンジン、トランスミッションなど、主要部品を含めた構造は共通化されている一方で、デザインや装備などでは両社が独自色を出す「姉妹車」の位置づけとなる。前モデルと同様、全車種が三菱自動車水島製作所(岡山県倉敷市)で生産される。車両価格(税込み)は日産車が127万3320円~177万8760円、三菱車が129万6000円~176万5800円で、いずれも前モデルよりも数万円程度、値上げした。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

今回の新型車で注目されるのが、先進運転支援技術の充実ぶりだ。三菱自の新型軽では、高速道路で同一車線を走行する際にハンドルやブレーキ操作の支援などをする技術「MI-PILOT(マイ パイロット)」を同社の車で初めて採用した。この技術は日産が開発し、日産の複数の主力車種にすでに搭載済みの運転支援技術「プロパイロット」そのものだ。いわば、日産の虎の子の技術を三菱自にも提供した形で、開発力に劣る三菱自がフランスのルノーも含めた3社連合(アライアンス)の経営資源を存分に活用した例と言える。

日産にとっても、軽自動車は国内販売台数の3割を占める重要マーケットだ。逮捕されたカルロス・ゴーン前会長がトップだった時代に、軽自動車を自社で開発・生産することも検討されたが、軽自動車用の生産設備に巨額投資が必要になるため、採算が合わず断念したとされる。そこで日産は三菱自の軽自動車に相乗りする形で、2011年に折半出資して合弁会社「NMKV」を設立。軽自動車の共同開発に乗り出した。その後、2016年には軽自動車の燃費不正で窮地に陥った三菱自に日産が出資して事実上傘下に収めた。

次ページプライド捨てる三菱自の危機感
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。