あなたの周りの「理解不能な人」には原因がある

やっかいな人の心理と解決するための心構え

③関心を示してもらえない

こちらの提案に対して「うまくいかないだろう」と、はなから後ろ向きな人は、ほったらかされて育った可能性が高い。

『身近にいる「やっかいな人」から身を守る方法 /レッカー由佳子(監修)、室﨑育美(翻訳)』(あさ出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

子どもがあることを達成したとき、後ろを振り返ってみても、関心を示してくれる大人がいなかったり、あるいは子どもが落ちこんだとき、大人たちが自分の関心や問題で精一杯だったりすると、子どもは恐怖心を抱き、恐怖のなかで自分は独りぼっちだと気づく。

このような経験によって、子どもは悲観的かつ絶望的、そして「どうせ何もうまくいかない」という考えかたをする人間になるのだ。

チャレンジすることも、つまずいて痛い思いをすることも怖れて成長し、子ども時代に体験した、恐怖のなかの孤独感を再び味わうことを怖がるのだ。このタイプの人は「失敗するなら何もしないほうがマシ」という、やっかいな思考になるのだ。

健全な精神への道は、1つだけ

では、こういった“やっかいな人”には、どう対処するべきなのか、それは1つしかない。相手の「心の支え」になってあげることだ。最も健全な精神の持ち主を思い浮かべてほしい。落ち着いていて、賢く、理性的で、親切な人を。私の経験では、このような人はたいてい、ある幼年期を経て強く、苦難に負けない人になっている。このような人は幸せだ。

メンターである大人たちから教えられ、導かれてきた。大人たちはもちろん完璧ではなかったが、いわゆる「子どもの成長の糧になるもの」を与えてくれたのだ。このようなメンターが身近にいると、子どもたちは安心感と自信とともに成長していく。

その結果、強い精神が育つのだ。新たな挑戦にも、「大丈夫だ、できる」と思える。心のなかに、慕っているメンターの支えがあるからだ。もちろん、このような人たちでさえも、異常な行動をとることがある。しかし、だれだってそうであるように、それは一時的なもので、ずっとそのように生きるわけではない。支えてくれる親がいなくても、落ちこまなくていい。いいコーチ、教師、メンターに恵まれれば、健全なものの見かたに変えてくれることもある。

あなたにとって「やっかいな人」は理解しがたいかもしれない。しかし、上記のような幼少期の背景が潜んでいる場合が多い。「やっかいな人」の心の支えになることは難しくても、こうした背景や心理テクニックを知っておくことで、どんな環境でも冷静になり、楽に生きることはできるのだ。正しい選択をすることができるのだ!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT