意外と知らない「ラマダン」、3つの深い意味

日没後に無料で食事が振る舞われる理由

そしてまたイスラム教徒同士が助け合う1カ月でもある。例えば東京ジャーミイでは、イフタールの食費は寄付によって賄われている。トルコ航空やレストランなどの企業や個人がスポンサードしているのだ。モスクに寄付を持ち寄り、集まったお金を貧しい人や難民に施す習慣もある。人は互いに助け合わなければ生きていけないことに、改めて思いを致すのだ。

とくに異国で暮らしているイスラム教徒たちにとって、イフタールは大切なイベントだ。都内のIT企業で働くギニア人のバシールさん(28)は、

「日本には1月に来たばかりで、言葉もまだわからないし不安ばかりです。でもここに来れば、イフタールをともにできる仲間もいるし、1人じゃないと思えるんです」

と笑う。パキスタン人で印刷関連の仕事をしているマンスールさん(22)は、バシールさんと親しげに話していたが、「いまここで会ったばかりなんです。たまたま隣に座ったので。でもこうしてイフタールは知り合いがたくさんできるきっかけにもなります」と言う。

空腹を満たすだけではなく心を埋めるためでもある

断食のあとの空腹を満たすという意味もあるけれど、それ以上に、心を埋めにやってくるのだ。その輪の中に、異教徒も入れてくれる。

そんなイスラム教徒が日本の社会にも増えている。職場や学校や地域に、彼らが隣人として暮らす時代になっている。

断食をしながら働けるのか心配になるかもしれないが、「疲れるけれど、大丈夫」とバシールさんが言うように、誰もがラマダンには慣れているし、飲食せずに日常生活を送るコツを身に付けている。また礼拝で時間を取るときは、そのぶん残業するなど日本社会と折り合いをつけている。こちらがあまり気を使うこともないのだ。

「もしイスラム教徒の習慣に興味を持ったら、どんどん彼らに聞いてみてください。異文化理解の教材にしてほしい」(下山さん)

ラマダンは6月4日まで続く(月の満ち欠けによってやや前後する)。その間、東京ジャーミイではイフタールを体験することができる。館内の見学はいつでも自由(10~18時開館)だし、週末は下山さんによる無料のガイドツアーも行われる。イスラム文化を知りたいと思ったら、お邪魔してみてはどうだろう。

(取材・文/室橋裕和)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT