意外と知らない「ラマダン」、3つの深い意味

日没後に無料で食事が振る舞われる理由

イスラム文化圏では1カ月間、食を断つ「ラマダン」が行われるが、どうして断食をするのだろうか?(写真:Rawpixel/iStock)

5月6日からイスラム教徒が1カ月間、食を断つ「ラマダン」が始まった。日が出ている間は一切の飲食をしないことで知られるが、日没後、はじめてとる食事「イフタール」をご存じだろうか。

イスラム文化圏では、街角やモスクや職場で無料の食事が振る舞われ、みんなでイフタールを楽しむことが習慣となっている。もちろん日本の中のイスラムコミュニティーでもいま、各地でイフタールが行われている。これはイスラム教徒ではない日本人でも歓迎してくれるのだ。

ともに寄り添い食事をするイフタール

まるで万華鏡のような、精緻な文様が天井の高いドームの内側を覆う。左右対称の幾何学的なアラベスク文様は、ドームだけでなく白亜の内壁を彩っている。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

ステンドグラスから差し込むやわらかな光。日本最大のモスク、東京ジャーミイ(代々木上原)の礼拝堂に立つと、どこか中東の世界遺産を見ているような気がして、東京だということを忘れる。

夕方の礼拝を終えると、誰もが三々五々、階下に降りていく。1階ホールの前ではいくつもの大鍋を並べて、料理を振る舞っていた。この日のメニューは鶏肉とキノコの煮込み、野菜スープ、パスタ、それにチョコレートのプディングだ。

代々木上原駅から徒歩5分ほどの場所に立つ東京ジャーミイ(写真:AERA.dot)

トレーにたっぷり盛ってもらいホールに入ると、すでに大勢の人々がにぎやかにテーブルを囲んでいた。その顔立ちはさまざまだ。東南アジア系、インドや中近東、アフリカの人々……共通点はただ1つ、イスラム教徒であるということ。

太陽はやっと沈んだ。今日の断食は終わりだ。そしてイスラム教徒がともに寄り添い、同じカマのメシを食う「イフタール」が行われる。1日の空腹と疲れを癒やすように、そしてイスラム教徒同士のつながりを確かめるように、楽しく語らいながら食事をとる。これらはすべて無料で振る舞われている。そして東京ジャーミイでは、イスラム教徒でなくとも、誰でもイフタールに参加することができるのだ。

イスラム暦におけるラマダン月は、「断食(サウム)」の習慣で知られている。イスラム教徒はおよそ1カ月、日が出ている間はいっさいの飲食を断つ(妊婦、子供、病人、旅行者などは別)。

次ページ夜になるとあちこちでイフタールが開かれる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。