10万円の「アート」の値段が5倍にもなる理由

日本人が知らない現代アート投資の実態

日本人が敬遠しがちな現代アートだが、世界的にはホットな投資対象となっている(写真:cba/PIXTA)

ZOZOの前澤友作社長が123億円で落札したバスキア、築地のバンクシー作らしきネズミの絵。日本でも現代アートの存在に光が差してきた。鑑賞するだけという受け身から、買うという行動を通してアートをもっと身近に、と唱える。まずは10万円の作品から、が著者のオススメだ。『教養としてのアート 投資としてのアート』を書いた現代アートのオンライン販売「タグボート」の徳光健治社長に詳しく聞いた。

金融商品よりも平均してリターン率高い

──現代アートに関心はあるんですが、いかんせん意味が……

わからない、ですよね。僕も20年見てきてわからない。でもわからないからこそ、どんな秘密のカギがあるのか考える。未知を体験するのが現代アートの面白さです。わからないから面白い。私の周りでも、事業家や新しいことにチャレンジしている人に現代アート好きが多い。自分の経験や知識だけでは理解できないことをより知りたい、という探究心なのでしょう。

──この本では、現代アートを新たな投資先、と位置づけている?

それも1つということ。買う目的は何でもいいけど、どうせなら価値が上がったほうがいい。実際に10万円で買って30万、50万円と上がっていくことは珍しくありません。10年タームで見ると株のような金融商品よりも平均してリターン率が高いんです。変な作品さえ選ばなければ、15〜20%の売買手数料込みでもアートのほうが2〜3倍になる可能性は高い。

──ただし、直感や一目ぼれで買うと間違いなく失敗する、と。

評価の上がる作品の特徴はまず“発明品”であること。これまで存在しなかった技法やコンセプト、表現方法で、美術史のどの流派にも属さない。そしてインパクト。

現代アート生みの親といわれる、デュシャンの『泉』をご存じの方は多いと思います。男性用小便器にサインしただけの作品で、こんなのアートじゃないと展示を拒否された。でもデュシャンはそれをアートと言い切った。別に人間の手作りでなくてもいい、既成の工業製品に名前を入れてそれをアートと呼ぶならアートである、と。

次ページ「値上がりする」アートを見つけるには
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。