カリスマ投資家が資産3億円まで増やせた理由

「カードローンで借金まみれ状態」から大復活

【4月30日 火曜日】NYダウは、11ドル高の2万6554ドル。

【5月1日 水曜日】令和元年  NYダウは、38ドル高の2万6592ドル。

【5月2日 木曜日】NYダウは、162ドル安の2万6430ドル。3時21分、日経速報メールで、FRB(米連邦準備制度理事会)は、ジェローム・パウエルFRB議長の発言で、金融政策は様子見で年内利下げ期待後退、NYダウ大幅安。

【5月3日 金曜日】NYダウは、122ドル安の2万6307ドルと続落。

決算発表直前の修正に要注意

【5月4日 土曜日】NYダウは、雇用統計を好感し197ドル高の2万6504ドル。1ドル=111.11円、1ユーロ=124.47円。連休明けの相場の注意点として、本決算が3月期末である企業の決算発表に注意が必要だ。決算発表のスケジュールを企業数で見ると、5月10日金曜日にピークとなる664社、13日に372社、14日に548社、15日に474社となっているが、決算発表日の前日から数日前に業績の上方修正や下方修正、配当の増配や減配の発表がある場合がある。

個人投資家としては、少なくとも保有銘柄の決算発表日を調べておいて、決算発表で大きく値動きする場合に備えよう。例えば、前出のジャックスのように決算発表日は、5月15日を予定しているが、4月25日11時30分に業績の上方修正の発表があり、早速後場から株価が急騰するようなケースだ。

4月の日経平均は、1052.92円(4.96%)と大きく上昇した。昨年読んだ本で、坂本慎太郎著「脱イナゴでしっかり儲ける20銘柄バスケット投資術」P53に掲載されていた日経平均の日別勝率ランキング(1985年10月~2017年9月までの日経平均をもとに算出)に注目し始めてから、勝率ベスト2月25日(1位、82.6%)、3月4日(8位、73.9%)、3月15日(8位、73.9%)4月3日(5位、75%)は、今年に入ってから全て上昇している。

また、ワーストでは、2月5日(10位、30.4%)、は39円安ではあったが、下がっている。5月9日木曜日はワースト6位で、29.2%(7勝17敗)となっているので、アノマリー(経験則)通り下がるかどうかに注目している。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。