サラリーマンはボーナスで株を買うべきか

今年の日経平均は2万4448円を抜けない

今年もあと1カ月ちょっと。カリスマ投資家の内田衛氏は「日経平均株価は10月の2万4448円を上回れそうもない」と言う(写真:polkadot / PIXTA)
「アメリカの中間選挙が終わったら、相場は上昇する」――。そんな雰囲気に包まれていたマーケットだが、そうは問屋が卸さなかった。カリスマ投資家の内田衛氏は中間選挙の前後、どんな投資をしていたのだろうか。さすがというべきか、まったく前のめりになっていなかった。内田氏は今後の相場をどう見ているのか。いつものように「株日記」で見てみよう。

売ってしまったリソー教育が6日続伸!

【11月5日 月曜日】先週末の日経225先物は、250円安の2万1980円。NYダウは109ドル安の2万5270ドル。10月23日に、最後の保有株1万株を1100円で売ったリソー教育(4714)(首都圏地盤で個別指導受験塾を展開)は、32円高の1270円と年初来高値更新。もう上がらなくてもいいのに、6日続伸で上昇が止まらない。ディフェンシブ銘柄で逆行高。日経平均は、344円安の2万1898円と大幅安。

この連載の一覧はコチラ

【11月6日 火曜日】日経225先物は、150円高の2万2020円、NYダウは、190ドル高の2万5461ドル。15時04分、日経225オプション(OP)2万1000円プット(売れる権利)を25円(前日比34円安)で10枚(25万円)買う。

買った理由は、『脱イナゴでしっかり儲ける20銘柄バスケット投資』(坂本慎太郎著、東洋経済新報社)のP53に、日経平均勝率ワースト1位が、11月7日で、勝率20.8%(勝ち5負け19――1985年10月から2017年9月までの日経平均を基に算出)とあったから。ちなみに、この本は初心者、デイトレ、スイング(1週間程度)の短期トレード向けに書かれています。日経平均は、248円高の2万2147円と反発。16時30分、225先物OP2万1000円プットは、24円で寄り付き、19時16分、34円の高値を付けた。

次ページ11月7日のアノマリー、おそるべし!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT