米国株式市場は反落、ダウは66ドル安で終了

通商合意実現への期待根強く、下げ幅縮小

 5月6日、米国株式市場は反落して取引を終えた。トランプ大統領の中国製品関税引き上げ表明を嫌気したが、通商合意期待が一部に根強いほか、ヘルスケア株が上昇して、下げ幅を大きく縮小した。ニューヨーク証券取引所で撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 米国株式市場は反落して取引を終えた。トランプ大統領が中国製品への関税引き上げを表明したことを嫌気したが、通商合意への期待が一部で根強いほか、ヘルスケア株が上昇して下げ幅が大きく縮小した。

ただ、通常取引終了後に米株式先物は大幅に下落。ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表とムニューシン米財務長官が、中国がこれまでの通商協議での合意に背いていると批判したことが背景。S&P総合500種Eミニ先物<ESc1>は1.3%下落した。

米国の交渉団は10日までに通商合意がまとまらない場合は対中関税を引き上げるべきとの考えを示している。ライトハイザー氏は、2000億ドル相当の中国製品への関税の25%への引き上げについて7日に通知する公算が大きいと言明した。

トランプ大統領は5日、中国との通商協議の進捗が遅いことに不満を示し、2000億ドル相当の中国製品に対する現行10%の関税を10日から25%に引き上げると表明。さらに、追加関税の対象になっていない3250億ドル相当の中国製品に「近く」25%の関税を発動する考えを示していた。

一方、中国政府は6日、米中通商問題を巡りトランプ米大統領から強い圧力をかけられたものの、通商協議のために交渉団を米国に派遣する方針を示した。[nL3N22I2MC]

トランプ氏の対中関税引き上げ発言により、世界経済成長率の減速懸念が台頭。S&P500は取引時間中に一時1.6%安となる場面があった。

もっとも、午後に入ると主要株価指数は大幅に下げ幅を縮小。間もなく通商合意に達するとの期待感が根強いという。

UBSグローバル・ウェルス・マネジメントのシニア米州株式ストラテジスト、デービッド・レフコウィッツ氏は、「米中が引き続き妥協点を見いだすことがわれわれのベースシナリオだ」とした上で、「ネガティブな結果になる可能性は恐らくわずかに高まっているが、定量的に述べるのは難しい」と語った。

S&Pヘルスケア<.SPXHC>の上昇も支援材料となった。グレンビュー・キャピタル・マネジメントの最高経営責任者(CEO)、ラリー・ロビンス氏がヘルスケアセクターを選好すると述べた。

一方、景気循環株や貿易に敏感なセクターが敬遠され、S&P素材<.SPLRCM>、S&P工業<.SPLRCI>、S&P情報技術<.SPLRCT>が下落した。

中国向け輸出比率が大きい米ボーイング<BA.N>は1.3%安。半導体株も売られ、フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)<.SOX>は1.7%安。アップル<AAPL.O>は1.5%安だった。

石油・ガス開発のアナダルコ・ペトロリアム<APC.N>は3.8%高。米エネルギー大手オキシデンタル・ペトロリアム<OXY.N>が380億ドルのアナダルコ買収案の現金部分を引き上げた。[nL3N22I31F]

ニューヨーク証券取引所では、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.45対1の割合で上回った。ナスダックも1.28対1の割合で値下がり銘柄数が多かった。

出来高は64億5000万株、過去20営業日平均は66億2000万株。

 

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 26438.48 -66.47 -0.25 26160.62 26476.27 26033.95 <.DJI>

前営業日終値26504.95

ナスダック総合8123.29 -40.71 -0.50 7981.85 8135.54 7981.85 <.IXIC>

前営業日終値 8164.00

S&P総合500種 2932.47 -13.17 -0.45 2908.89 2937.32 2898.21 <.SPX>

前営業日終値 2945.64

ダウ輸送株20種 10902.01 -56.88 -0.52 <.DJT>

ダウ公共株15種778.02 -5.08 -0.65 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1543.73 -26.97 -1.72 <.SOX>

VIX指数 15.37 +2.50 +19.43 <.VIX>

S&P一般消費財948.21 -6.07 -0.64 <.SPLRCD>

S&P素材 349.89 -4.90 -1.38 <.SPLRCM>

S&P工業 653.88 -6.37 -0.97 <.SPLRCI>

S&P主要消費財589.48 -0.96 -0.16 <.SPLRCS>

S&P金融 462.42 -3.10 -0.67 <.SPSY>

S&P不動産 224.01 -0.96 -0.43 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー474.19 -0.31 -0.07 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1049.13 +6.07 +0.58 <.SPXHC>

S&P通信サービス 167.14 -0.31 -0.18 <.SPLRCL>

S&P情報技術1372.25 -11.30 -0.82 <.SPLRCT>

S&P公益事業 293.76 -1.89 -0.64 <.SPLRCU>

NYSE出来高 8.44億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物6月限ドル建て 22210 - 40 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物6月限 円建て 22205 - 45 大阪比 <0#NIY:>

*内容を追加しました。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。