日本人英語「Yes・No」の乱発がダメな本質的理由

「会話が続かない」はこうすれば変えられる!

英語を話せても、話が続かなくなってしまうのはフレーズがパターン化しているせいかもしれません(写真:Ushico/PIXTA)

英語がかなり話せる人でも、「なぜか会話が続かない……」「雑談ができない」という悩みを持つ人が多くいるようです。

会話の流れを断ち切るYes/No

ネイティブである私としては、彼らが陥ってしまっている英語の落とし穴の1つが、基本中の基本である「Yes/Noクエスチョン」にあるように思います。「クローズドクエスチョン」とも呼ばれる、中学1年生で習う簡単な文法です。私が20年ほど前、アシスタントティーチャーとして鳥取県の小さな中学校で教えていたときにも、次のように教えていました。

Is this a pen? 「これはペンですか?」
Yes, it is. 「はい、そうです」
No, it isn't.(No, it's not.)「いいえ、違います」

みなさんもこう習いませんでしたか? このように、YesかNoで答えればいい Yes/Noクエスチョンへの返答は、暗記できてしまうほど簡単なのですが、その一方、そっけないYesやNoの返事は、会話をあっという間に終わらせてしまいます。

会話の流れを断ち切ってしまいますし、格式張った印象を相手に与えてしまうため、ネイティブはYes/Noクエスチョンであっても、返答にYes/Noを使わないことが多いのです。

例えば、朝早い編集者とのミーティングでのこと。気のおけない相手であれば、私はこんなふうに質問します。

Did you already have breakfast this morning? 「朝食はもう食べた?」

私はたいてい食べる時間がないので(笑)、この質問は「一緒に食べませんか?」というお誘いです。これに、

Yes, I did.「はい、食べました」

と答えられてしまうことがあります。もちろん文法的には100%正解です! しかし会話は続きませんし、「誘いをそっけなく断られた」という印象がどうしても残ってしまいます。

私は日本での生活の中で「相手に悪気がない」ということがわかるようになったからいいのですが、そうでないとちょっとショックを受けてしまうかもしれません。

次ページYes/No以外の会話をするなら…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。