「大学で遊んだだけの人」が会社で行き詰まる訳

池上彰×佐藤優「今の大学生が学ぶべきこと」

佐藤:地方公務員上級職になると、丁寧な研修が施されます。その後、5年間勤務したら、国連本体やユネスコ(国連教育科学文化機関)、ユニセフ(国連児童基金)といった国際機関に応募する道が開けるのです。

国際経済とか国際人道法とかに関わる修士号を持っていて、地方自治体に5年間勤務したという実績があれば、受かりやすくなります。この場合、地方公務員という実務実績が重要で、大学院を出ただけでは国際機関はなかなか採用してくれません。

そうやって国際公務員になって活動して、そこで実績を作れば、今度は外資系の企業に行くとか、そういうことも可能になる。そんなキャリアパスが描けるように、とにかく出口で公務員だけは最低保証しておくというやり方を、今実行しているのです。

池上:そんなに戦略的な教え方をしている大学の先生が、どれだけいるでしょうか。でも、そうやって出口を保証しているからこそ、学生たちは厳しい勉強についてくるのかもしれません。

佐藤:大学レベルの教養を身に付けろといっても、何が大学レベルなのかは、実際にはわからないでしょう。

地方公務員の上級試験の教養というのは、ちょうど大学卒として必要な教養のレベルだということに、ようやく2年前くらいに気がついたのです。いくら学生が「教養がついた」と自称していても、それでは世間は認めてはくれません。そこをちゃんと説明できる「資格」として、地方公務員上級試験合格というのは、うってつけでした。今は、そういう座学をアクティブ・ラーニング的な学びと同時並行で進めているわけです。

池上:そこから巣立った学生たちがどんな活躍をするのか、楽しみですね。

大学院まで6年間行くことの重要性

佐藤:あえて付け加えておくと、ずっと教えてきてわかったのが大学院の重要性です。

大学に入って、学部の1回生のときから一生懸命勉強したとしても、3回生の秋になると就活でそわそわしてきて、翌年の2月くらいから少しずつ、先輩訪問とかインターンとかを始めて、内定の出るのが4回生の5月か6月でしょう。その後は、何をするでもなく時間が過ぎていく。つまり、4年制大学に入っても、実質2年半しか勉強する期間がないことになるのです。

でも、その環境は大学院進学を視野に入れると、一変します。院の場合、就活は2年目の年明けになってから。3月くらいから本格的に企業を訪問して、内定が出るのが5月か6月ですから、就活で失うのは4カ月くらい。就活が終わったら、そこから修論を書きますから、また勉強です。だから、大学での勉強時間は、修士課程に行くと、学部の丸々4年プラス1年8カ月の5年8カ月、行かなければ2年6カ月という計算になるんですよ。

池上:修士課程に進めばプラス2年ではなく、それ以上の差になる。そこも盲点です。

『教育激変 2020年、大学入試と学習指導要領大改革のゆくえ』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

佐藤:これからの時代に社会から求められる人材になりたいと思ったら、大学院に進んでみっちり学ぶことを勧めたいのです。複数形のない教科書で語学の授業をするようなところでは、意味はありませんが。

個人的には、例えば今の大学の学部と大学院までで、実質の学習時間はこんなに違うという話を、いろんな大学の学長にぶつけてみたいですよね。そういうことを考えていって、大学院まで6年間行くということになると、おそらく4年と2年で分けるよりは、3年と3年にしたほうがいいのではないか、といった視点も出てくるように思うのです。大学院に進む人間は、3年目に卒論を出させてしまったらいい、と。

池上:東工大は、理学部、工学部という区分けを改組して、最初から6年間学ぶことを前提にした組織に作り替えました。早稲田の理工もそうしました。ほぼ全員が、院に行きますから。

佐藤:文系の学部でも、そういう取り組みがあっていいのではないかと思うのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT