英語メディアは新元号「令和」をどう表現するか

「平成」「昭和」も英語で振り返ってみると…

これを使って、もう一言添えながら令和の説明をすると、さらに親切です。

The new era was named Reiwa in the hope that a new culture will be born and nurtured by people coming together beautifully.
人々が美しく心を寄せ合う中で新しい文化が生まれ育つようにという願いを込めて、新しい時代は令和と名づけられました

のような感じはいかがでしょうか。

昭和や平成を英語にすると?

せっかく令和を英語で考えてみたので、余談として今までの元号も英語で覚えておくと、話が広がると思います。これらもいくつか解釈があるかもしれませんが、今回はBBCで取り上げていたものを覚えてみるのはどうですか?

Emperor Akihito's current gengo, Heisei, which means "achieving peace", was preceded by the Showa era(1926-1989), which can be translated as "enlightened harmony". Before that, the Taisho era(1912-1926)meant "great righteousness", while the Meiji era(1868-1912)meant "enlightened rule" in English.

現在の明仁天皇の元号「平成」はachieving peace平和の達成)という意味で、その前は「昭和(1926年~1989年)」、訳すとenlightened harmony見識ある調和)となる。さらにその前は、great righteousness偉大なる正義)という意味の「大正(1912年~1926年)」で、「明治(1868年~1912年)」は、英語にすると、enlightened rule文明開化した統治)という意味だった。

元号だけをまとめてみると、

令和(2019年~) auspicious harmony(縁起のよい調和)
平成(1989年~2019年) achieving peace(平和の達成)
昭和(1926年~1989年) enlightened harmony(見識ある調和)
大正(1912年~1926年) great righteousness(偉大なる正義)
明治(1868年~1912年) enlightened rule(文明開化した統治)

ですが、平成がachieving peaceと訳されているのは、まさにぴったりでしたね。明仁天皇が平成最後の誕生日会見で「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵しています」と述べられていたのを思い出します。この天皇の言葉を報じたThe Japan Timesでは、

It gives me deep comfort that the Heisei Era is coming to an end, free of war in Japan.(平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵しています)

と書かれています。パナマ大統領夫妻を迎えた、海外の元首との最後の会見でも同様のコメントをされていましたが、これを報じたNHK Worldでは、

The most important point is that there was no war during the Heisei era.(平成の時代は戦争がなかったということがいちばん重要だと思います)

のように訳されていました。この文は「平成」という元号の説明とともに使用できるとすばらしいですね。簡単に略して、

There was no war during the Heisei era, as said in its name.その名前のとおり、平成の時代は戦争がありませんでした

のように言うのがいいでしょう。

これから、日本でも今まで以上に「多様性を認め合う」ことが必要になってくるでしょう。令和もその名の通りに、争いなくすべての人々が美しく調和して1つになれるような時代になりますように。Happy New Era!(よい時代を!)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
羽田空港クライシス<br>コロナ禍で国際線が大混迷

新型コロナウイルスによる旅客減は、世界のエアラインの経営に大打撃を与えています。そうした中で羽田空港の国際線大幅増便が3月29日にスタートします。日本の「空の玄関口」は大丈夫か。現状と課題を総点検しました。