メガバンクの先を行くシンガポールDBSの凄み

世界一のデジタルバンク、知られざる正体

日本ではあまり知られていませんが、世界で名を馳せているのがDBS銀行です(写真:ロイター/アフロ)
世界の名だたる金融機関を押しのけ、金融専門情報誌『ユーロマネー』から「World‘s best digital bank 」の称号を、2016年と2018年の2度にわたり獲得したシンガポールのDBS銀行。その最大の秘訣は、「同銀行が、もしアマゾンのCEO、ジェフ・ベゾスが銀行業を行うとしたら何をするだろうか?」という視点から銀行業そのものを定義し直したところにある」と立教大学ビジネススクールの田中道昭教授は語っています。最新刊『アマゾン銀行が誕生する日 2025年の次世代金融シナリオ』の一部を再編集してお届けします。

自己破壊によって生まれ変わる

日本では一般的には知られていませんが、世界中の金融関係者から注目を集めている銀行がシンガポールにあります。それがDBS銀行です。DBS銀行の名を世に知らしめたきっかけは、金融専門情報誌『ユーロマネー』による極めて高い評価です。

ユーロマネーは「World's best digital bank」の称号を、2016年と2018年の2度にわたりDBS銀行に与えました。また『グローバル・ファイナンス』誌が選ぶ「World’s Best Banks 2018」においても、DBS銀行はアジア初の「Best Bank in the World」を受賞しています。 DBSは、本来は「The Development Bank of Singapore」の略称ですが、今では「Digital Bank of Singapore」の意味を持ち始めています。

では、DBS銀行がゴールドマン・サックスやJPモルガンなど、デジタルトランスフォーメーションに取り組む名だたる銀行を抑えて「ベストバンク」に選ばれた理由は、どこにあるのでしょう。

次ページデジタル化の意味を収益性で定量的に示した
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT