LA発「パンダエクスプレス」は日本に根付くか

3月に東京初上陸、6月には沖縄で4号店が開店

3月上旬、お台場のダイバーシティ 東京 プラザの6階にオープンしたアメリカンチャーニーズ「パンダエクスプレス」。ビジネスマンから観光客まで幅広い顧客層を想定しているという(記者撮影)

東京・お台場。国内外から多くの観光客が訪れるこの地に、アメリカ・ロサンゼルス発祥の外食チェーンが東京初上陸を果たした。

3月中旬、お台場の商業施設「ダイバーシティ東京 プラザ」の6階にオープンしたのは「PANDA EXPRESS(パンダエクスプレス)」という「アメリカンチャイニーズ」の飲食店だ。アメリカに留学や駐在、旅行の経験がある人には、なじみがあるチェーン店かもしれない。

サイズを決めてメニューを選ぶ

そもそもアメリカンチャイニーズとはどういうジャンルなのか。運営会社によれば「中華料理とは異なる」と主張する。中華料理の技術は用いているものの、アメリカの食材を使用し、アメリカ人の味覚に受け入れられるように開発された料理を「アメリカンチャイニーズ」と言うそうだ。

パンダエクスプレスでの注文は、まず3種類のサイズから1つを選ぶ(記者撮影)

実際、お台場の店舗を訪れると、いくつかの特徴が見えてくる。

1つ目は注文方法だ。店内のカウンターに行くとまず、料理を盛りつける器を決める。サイズは「ボウル」(790円、税抜き、以下同)、「プレート」(990円)、「ビッグプレート」(1190円)の3種類。その後、すでにできあがっている料理の中から、食べたいメニューを選ぶ。真ん中のサイズにあたるプレートの場合、まずベースメニュー(主食)といわれるフライドライスやチャオメン(炒麺)などを選び、次にメイン(主菜)を2品選ぶという流れで注文する。

サイズを選んだら実際に商品を見ながら食べたいものを選んでいく(記者撮影)

看板メニューは「オレンジチキン」という商品。揚げた鶏肉に甘辛いオレンジソースを絡めたものだ。そのほかにも「モンゴリアンポーク」といった、オリジナルソースでマリネしたポークと新鮮なマッシュルーム・パプリカ・ タマネギ・ネギを炒め、風味豊かなガーリックソースで仕上げた商品も売れ筋の1つだ。

常時20品程度の作りたての商品が提供されており、日本独自のメニューとしてハイボールも取り扱う。

パンダエクスプレスは1983年にアメリカ・カリフォルニアで開業し、現在はアメリカ全土のほか、カナダ、ドバイ、メキシコ、サウジアラビア、韓国など計10カ国で2000店以上を展開。今回のお台場の店舗が東京初上陸ということだが、日本国内としては3店舗目となる。

パンダエクスプレスは10数年前に日本に進出するも、なかなか事業が軌道に乗らず1度撤退。2016年11月にラゾーナ川崎(神奈川県川崎市)に日本再上陸を果たし、2018年5月に三井アウトレットパーク木更津(千葉県木更津市)に2号店がオープンした。実はこの再上陸時から日本でのパンダエクスプレスを運営を担うのが、ラーメン店「一風堂」を運営する力の源ホールディングス傘下のI&P RUNWAY JAPANだ。

次ページ一風堂が運営に関わるきっかけは?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 30歳とお金のリアル
  • はじまりの食卓
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
DMMの変身<br>異色IT企業を大解剖

アダルトビデオで出発し、雑多な事業への参入で膨張してきたDMM.comグループ。事業領域はネット系を飛び出し、約40に広がる。脱アダルトを進め組織体制も変革。それでも「上場は考えない」(亀山会長)。謎多き会社の実態に迫った。