医師が警告!「内臓脂肪」に潜む怖い病気リスク

「がん、糖尿病、高血圧…」あなたは大丈夫?

中年のお悩みの定番ともいえる「加齢臭」ですが、驚くべきことに、この加齢臭も内臓脂肪と関係しています。

【5】脂肪を多く含む「ノネナール」が「加齢臭」の原因

加齢臭の原因となるニオイは「ノネナール」という成分です。この成分は血中の脂肪(遊離脂肪酸)が分解されてできます。皮下脂肪に比べて内臓脂肪は分解されやすいのですが、内臓脂肪が多くなると血中の脂質が増えて「ノネナール」の量も増えることになります。

また、「ノネナール」は脂肪を多く含む「汗」にも含まれます。体脂肪の多い人は汗をかきやすいですが、その分、「ノネナール」が発生しやすいともいえます。

人間は年をとるだけでも「ノネナール」が分泌されやすくなります。男女の区別もありません。実は家庭や職場で、周囲に不快な思いをさせてしまっていても自分では気づいていないかもしれません。「スメルハラスメント」などと言われないためにも、内臓脂肪を減らすようにしましょう。

私は50歳から「内臓脂肪」を減らすことができた

体の中にたっぷりたまった「内臓脂肪」は、見た目がカッコ悪くなるだけではありません。それ以上に恐ろしいのは「健康を損ねる元凶となる」ことです。エネルギー源の1つとして大切な脂肪ですが、過剰にたまると病気になるリスクを高めてしまいます。

「こんな年齢だから……」と内臓脂肪が増えても何もしないでいるのは、とても危険です。

私も50歳からはじめて内臓脂肪を減らすことができました。いまからでも遅くありません。そして、年齢は関係ありません

「見た目」だけでなく「健康」のためにも、内臓脂肪を減らす「正しい知識とコツ」を身に付け、実践してみてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT