「子どもは褒めて育てる」を実践する人の誤解

極めて特殊な成功体験に魅了されるのはNGだ

その後、ミューラー教授らは、同じ子どもたちに、かなり難しめのIQ テスト(2回目)を受けさせました。

『まんがでわかる「学力」の経済学』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

さらにその後、最初に受けたのと同じ程度のIQ テスト(3回目)を受けさせ、結果の推移を調べました。すると、もともとの能力を褒められた子どもたちが、成績を落としてしまったのに対し、努力を褒められた子どもたちは成績を伸ばしたのです。

褒め方の違いは、子どもたちの取り組み方にも影響を与えました。「頭がいいのね」ともともとの能力を褒められた子どもは、2回目の難しめのIQ テストを受ける際、この試験のゴールは「何かを学ぶこと」ではなく、「よい成績を取ること」にあると考え、テストでよい点数が取れなかったときには、成績についてウソをつく傾向が高いこともわかったのです。

褒めるときは具体的な内容を挙げる

また、彼らは、よい成績が取れたときはその理由を「自分に才能があるからだ」と考え、同じように、悪い成績を取ったときも「自分に才能がないからだ」と考える傾向があることもわかっています。

一方、「よく頑張ったわね」と努力した内容を褒められた子どもたちは、2回目、3回目のテストでも粘り強く問題を解こうと挑戦を続けました。努力を褒められた子どもたちは、悪い成績を取っても、それは「(能力の問題ではなく)努力が足りないせいだ」と考えたようです。

子どもを褒めるときには、「あなたはやればできるのよ」ではなく、

「今日は1時間も勉強できたんだね」
「今月は遅刻や欠席が1度もなかったね」

と、具体的に子どもが達成した内容を挙げることが重要です。そうすることによって、さらなる努力を引き出し、難しいことでも挑戦しようとする子どもに育つというのがこの研究から得られた知見です。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。