就活「ウソでも第一志望と答える」は絶対なのか

大学生の4つの悩みや疑問に専門家が回答

山登り型は将来やりたいことや、なりたいものが明確に定まっていて、ゴールのある頂上を目がけて歩みを進めるキャリアの考え方だ。一方で川下り型は、流れに身を任せながらもその場その場で最大限の力を発揮し、自分の向かう先を見つけていくキャリア。おそらく9割の社会人が後者の「いかだ下り型」だと私は考えている。

だから企業にとって、志望する学生が山登り型か、いかだ下り型かは問題ではない。ただし、共通しているのは「めちゃくちゃ頑張る瞬間」がないと、ゴールにはたどり着けないということ。

そのため企業は選考時に「この学生はなぜ、何をモチベーションに頑張れるのか」「頑張る幅を広げるために、今後どういう力を付けたくて企業・仕事を選ぼうとしているのか」を知りたいのだ。これは、前述したESや面接で「あなたは何者なのか」が問われる理由にもつながる。

増本:やりたいことは何か、に悩む学生には「Do(「何をやりたいか」)よりも、Be(「どうありたいか」「どうなりたいか」)を大事にしてほしい。例えば、10年後の自分に会えるとしたら、どんな大人になっていてほしいか。そんな大人になるための手法がDoであり、Doをどこでどうやって始めるかを決めるのが企業・職業選びだと思う。

一括採用という今の就活システムは必要なのか

【質問4】なぜ日本は新卒一括採用なのか?よいのか悪いのか?

「会社がつぶれても自力で食べていけるようになりたい」という思いから、人材やコンサルティング業界を志望する早稲田大学4年生の日盛将真さん(22)は、就活のあり方について切り込む。

「日本の就活は画一的で息苦しく感じます。インターンシップを経て、一斉に説明会や面接が始まり、決まった時期に内定を取る。皆が同じレールに乗らなければならない一括採用は、本当に必要なのでしょうか?」

なぜ新卒一括採用が日本で成立してきたのか。世界の中で希有な仕組みであり、大学生が同じ期間に一斉に就活を始める様子を、「異様」とする見方はあって当然だろう。

次ページ日本はメンバーシップ型
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。