社員を辞めさせないための「新人研修」最新事情

フォロー研修を重点化する企業が増えている

エクシングが3月に行った社員研修の様子。入社1~2年経過した頃のフォロー研修が重視されている (編集部撮影)

「価値観に沿った行動を取れていると、人は自然と夢中になれます。そこで、5分間の個人ワークで、自分の価値観を探索しましょう」

講師の坂本章紀氏の指導のもと、もうすぐ入社から1年が経過しようとしている社員10人が机に向かって書き始める――。ブラザー工業の完全子会社で、通信カラオケ「JOYSOUND」などを手がけるエクシングが3月に行った社員研修の光景だ。社員たちは、内定前や入社後の4~5月、10月に続き、今回のフォローアップ研修を受けていた。

『就職四季報』特設サイトはこちら

「以前からこのような新人研修制度にしていたわけではない。4年前に一新した」と、エクシングの池畠英治本社管理部人事グループ長は語る。

近年、同社のように、新人研修制度にテコ入れする企業が増えている。年間17000人の新入社員研修を手がけるファーストキャリアの瀬戸口航社長も、「新人研修を充実させたいという企業からの引き合いは増えている」という。

離職防止のために新人研修をテコ入れ

なぜ、新人研修制度を見直す企業が増えているのか。最大の理由は、「研修制度を整備しないと、新入社員が辞めてしまうから」だ。

新入社員が、仕事をするうえで、最も強く意識していることは、「自己成長」だ。人材教育・研修コンサルティング会社のヒップスターゲートが、昨年の新社会人1672人に行った調査によると、「社会人になって期待していること」で、最も多かったのは、「自己成長ができる」(31.8%)こと。「さまざまな人との出会い」(27.5%)や「経済的に自立できる」(19.3%)などを上回った。

次ページ優秀な社員から辞めてしまう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT