社員を辞めさせないための「新人研修」最新事情

フォロー研修を重点化する企業が増えている

エクシングが3月に行った社員研修の様子。入社1~2年経過した頃のフォロー研修が重視されている (編集部撮影)

「価値観に沿った行動を取れていると、人は自然と夢中になれます。そこで、5分間の個人ワークで、自分の価値観を探索しましょう」

講師の坂本章紀氏の指導のもと、もうすぐ入社から1年が経過しようとしている社員10人が机に向かって書き始める――。ブラザー工業の完全子会社で、通信カラオケ「JOYSOUND」などを手がけるエクシングが3月に行った社員研修の光景だ。社員たちは、内定前や入社後の4~5月、10月に続き、今回のフォローアップ研修を受けていた。

『就職四季報』特設サイトはこちら

「以前からこのような新人研修制度にしていたわけではない。4年前に一新した」と、エクシングの池畠英治本社管理部人事グループ長は語る。

近年、同社のように、新人研修制度にテコ入れする企業が増えている。年間17000人の新入社員研修を手がけるファーストキャリアの瀬戸口航社長も、「新人研修を充実させたいという企業からの引き合いは増えている」という。

離職防止のために新人研修をテコ入れ

なぜ、新人研修制度を見直す企業が増えているのか。最大の理由は、「研修制度を整備しないと、新入社員が辞めてしまうから」だ。

新入社員が、仕事をするうえで、最も強く意識していることは、「自己成長」だ。人材教育・研修コンサルティング会社のヒップスターゲートが、昨年の新社会人1672人に行った調査によると、「社会人になって期待していること」で、最も多かったのは、「自己成長ができる」(31.8%)こと。「さまざまな人との出会い」(27.5%)や「経済的に自立できる」(19.3%)などを上回った。

次ページ優秀な社員から辞めてしまう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT