今さら聞けない「介護保険」の仕組み超基本

介護保険と健康保険の違いはわかりますか

高齢化が進むなか、いざ自分の家族が要介護となったときに備えて、「介護保険制度」をおさらいしておきましょう(写真:プラナ/PIXTA)
"人生百年時代"を迎えました。誰もが健康で長生きすることを望んでいると思います。しかし、もし自分、あるいは大切な家族が「介護」が必要になったらと思うと不安になってしまいます。そこで、誰もが知っておきたい「介護保険」について介護に詳しい専門家の高室成幸さんにお聞きしました。

そもそも、介護保険ってどうしてできたの?

介護保険ができる2000年4月までは、自営業者などが加入する国民健康保険や民間企業の社員が加入する健康保険といった医療保険が高齢者福祉の役割を担っていました。

当記事は「毎日が発見ネット」(運営:毎日が発見)の提供記事です

「本来、病院は治療をするところですが、寝たきりで自宅に帰れない、施設にもなかなか入れないとなると病院にとどまるしかなく、病院が"老人病院化"していたのです。

結果、医療費がものすごくかかってしまいました。自宅に帰れたとしても、家族だけで介護するには限界があります。

そこで、本人らしい自立した生活が送れるように、また介護する家族の負担を社会で支えていくことをめざして、2000年にできたのが介護保険制度です」と高室さん。

■介護保険と健康保険との違いは?

公的な保険といえば、健康保険をイメージされる人も多いと思います。健康保険と介護保険は、どのように違うのでしょうか。

健康保険は被保険者全員が対象ですが、介護保険の対象者は65歳以上の要介護者、または40歳以上の特定疾病がある人です(画像:毎日が発見ネット)

健康保険は被保険者全員が対象ですが、介護保険の対象者は65歳以上の要介護者、または40歳以上の特定疾病がある人です。

次ページ特定疾病には16の病気が認定される
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。