「教えない」先生がこれから増えていく理由

EdTechが「教室」と「先生」の役割を変える

このように、同じ学習内容に取り組むにしても、自宅と教室ではまったく違う意味があるものです。どちらか一方で十分ということはなく、補い合う関係です。学習アプリがいくらすばらしいからといっても、それだけで学習を完結させてしまっては、効果が中途半端なものになりかねません。

周りとの関係が希薄になりがちな時代だからこそ、コミュニケーションの場所と機会を与えることで、テクノロジーによる学習効果をより高めることができる。「教室」はその役割を果たすものです。

生徒のモチベーション維持向上が先生の役割

「教室」と同じように、EdTechが普及しても「先生」が必要なくなるわけではありません。アプリが勉強を教えてくれるなら、「勉強を教えてくれる先生」は必要なくなるはずです。これからの先生は、勉強を教える代わりに別の役割を担っていくのです。

先に述べた学習塾の例でも、国内外の約60教室で同じアプリを使用していましたが、担当講師によって生徒の成績向上にばらつきが見られました。なかでも大きな成績の向上が見られた担当講師3人の教え方を見てみると、実に三者三様でした。

授業の後も生徒や親とまめにコミュニケーションを取る先生、授業をその場でお祭りのように盛り上げる先生、データを重視して生徒を細かく分析する先生、それぞれ自分の強みを活かした授業をしていました。

3人の先生にかろうじて見いだせた共通点は、熱意です。やり方は違っても、3人の先生には「とにかくこの子を伸ばしたい」という強烈な熱意が見て取れました。

『5歳からはじめる 世界で羽ばたく計算力の伸ばし方』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

「勉強を教えること」が先生の役割だった時代には、学習内容をいかにわかりやすく伝え、生徒の理解を深められるかが、先生の腕の見せどころだったでしょう。しかし、アプリが「教える」役割を代替する時代には、先生に「指導力」は必要なくなるでしょう。

先生の役割は、「勉強を教えること」よりも「生徒のモチベーションを維持向上すること」へシフトさせることであり、そこに熱意を持って取り組める先生が成果を上げたのでしょう。

子どもの個性は十人十色であり、才能を伸ばす方法もさまざまです。先生は、自らの得意技を使ったり創造力を働かせたりしながら、生徒一人ひとりのモチベーションの上げ方を模索していかなければなりません。

「先生」という職業は、テクノロジーの登場によって、より自由度が高く、クリエーティビティーを必要とするものになりつつあります。「教える」必要がなくなった分、「先生をする」ことはより難しくなったともいえるでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT