新聞再生 コミュニティからの挑戦 畑仲哲雄著

新聞再生 コミュニティからの挑戦 畑仲哲雄著

新聞の危機、ジャーナリズムの崩壊が叫ばれるようになって久しい。しかしこの指摘は「新聞」に対するものではなく「新聞業界」についての話ではないのか。

通信社勤務の傍ら大学院博士課程でマスメディア・ジャーナリズムを研究する著者はこう疑問を呈し、新聞社や新聞紙が新聞のすべてではなく、「発言する市民」を主人公としてとらえ直すことで「新聞」の可能性が拓けてくると指摘する。

全国紙や大手新聞ではなく、業界の周縁で“大マスコミ”から無視され蹴散らされながら挫折と挑戦を繰り返す地方紙にあえて焦点をあて、そうした営為のなかに新聞再生のカギがあると提言。既刊の新聞批判本とは一線を画した新聞観を描く。

平凡社新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。