新聞再生 コミュニティからの挑戦 畑仲哲雄著

新聞再生 コミュニティからの挑戦 畑仲哲雄著

新聞の危機、ジャーナリズムの崩壊が叫ばれるようになって久しい。しかしこの指摘は「新聞」に対するものではなく「新聞業界」についての話ではないのか。

通信社勤務の傍ら大学院博士課程でマスメディア・ジャーナリズムを研究する著者はこう疑問を呈し、新聞社や新聞紙が新聞のすべてではなく、「発言する市民」を主人公としてとらえ直すことで「新聞」の可能性が拓けてくると指摘する。

全国紙や大手新聞ではなく、業界の周縁で“大マスコミ”から無視され蹴散らされながら挫折と挑戦を繰り返す地方紙にあえて焦点をあて、そうした営為のなかに新聞再生のカギがあると提言。既刊の新聞批判本とは一線を画した新聞観を描く。

平凡社新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?