新聞再生 コミュニティからの挑戦 畑仲哲雄著

新聞再生 コミュニティからの挑戦 畑仲哲雄著

新聞の危機、ジャーナリズムの崩壊が叫ばれるようになって久しい。しかしこの指摘は「新聞」に対するものではなく「新聞業界」についての話ではないのか。

通信社勤務の傍ら大学院博士課程でマスメディア・ジャーナリズムを研究する著者はこう疑問を呈し、新聞社や新聞紙が新聞のすべてではなく、「発言する市民」を主人公としてとらえ直すことで「新聞」の可能性が拓けてくると指摘する。

全国紙や大手新聞ではなく、業界の周縁で“大マスコミ”から無視され蹴散らされながら挫折と挑戦を繰り返す地方紙にあえて焦点をあて、そうした営為のなかに新聞再生のカギがあると提言。既刊の新聞批判本とは一線を画した新聞観を描く。

平凡社新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT