「子育てと仕事」の両立、働く男女の悩みと本音

当事者や一緒に働く同僚の「意識と実態」

 

女性の復職を支援する取り組みも

子育てと仕事を両立させるには、勤務時間など職場の制度を柔軟に利用できることや、一緒に働く人たちの気持ちも大切なポイントですが、職場での育児への協力姿勢は家族構成や年齢により差異があるようです。

また、子育てと仕事の両立を目指す女性がいる一方で、育児に専念したいために離職する女性も多くいます。また、復職を目指す女性の中には、子育てをしている期間は新たな知識やスキルの習得が困難なために、再就職する際に正社員として働くことを諦めてしまう人もいます。

政府は、出産や育児をした女性が学び直して仕事に戻るための支援を進めています。民間でも育児休業中の女性を対象にしたスキルアップのためのインターンや、職場に復職する女性を対象にした情報提供や研修を企画する企業などがあり、母親の復職を支援する取り組みが進められています。

このように家庭内、職場、そして社会全体で複合的に子育てと仕事の両立のための取り組みを行なうことが今、求められているのではないでしょうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT