鶏居酒屋「てけてけ」は鳥貴族と何が違うのか

首都圏で80店超展開、4年で売上高は倍以上に

一方、潮目も変わりつつある。業界を牽引してきた鳥貴族は客数減が止まらず、3月8日、2019年7月期が2014年の上場来初の最終赤字となる見通しであることを発表した。集客力が低下したことに対し、鳥貴族の大倉忠司社長は昨秋行った東洋経済のインタビューに対し、「客数減の要因は値上げだけでなく、出店ペースが速すぎたことによる自社競合も大きい」と語っている。

鳥貴族に比べれば規模の小さなてけてけだが、実は似たような問題を抱えている。

「てけてけ」は現在、83店舗を展開。うち24店舗は2019年2月期のみで出店している。てけてけのターゲットは、都心のビジネスパーソン層。JR山手線内側のオフィス街周辺に戦略的に集中してきた。だが、そうした立地での出店余地は限られてきている。既存店舗の周辺に新店を出すことも増え、「お客を自社の店舗同士で奪い合う“カニバリ”状態が目立つようになってきた」(U&C管理本部長の本郷雄太氏)。

郊外での出店にも挑戦しているものの、来客層の違いなどで伸び悩む。また、東京を飛び出し大阪・梅田のオフィス街にも初出店を果たしたが、「現地の不動産屋とのつながりも薄く、都内に比べてノウハウも少ない」(本郷氏)など、東京都心部以外での出店はまだハードルは高いようだ。

「第2の柱」を早くも模索

鳥貴族が単一業態を貫く一方、U&Cは主力業態を拡大するさなかにあって、早くもてけてけに次ぐ“第2の柱”を模索し始めている。

2018年の11月には新宿・歌舞伎町に、ファストフード店のように客が自らカウンターにドリンクや料理を取りにいくシステムの新業態「やきとり魁」を出店した。だが売り上げが思うように伸びず、わずか3カ月で閉店することに。当初目標にしていた「2019年中に20出店」という方針も白紙撤回された。

次ページ次に目を付けたのは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT