鶏居酒屋「てけてけ」は鳥貴族と何が違うのか

首都圏で80店超展開、4年で売上高は倍以上に

東京・高円寺に出店した新業態「やるじゃない!」(記者撮影)

魁の閉店と同時に、早くも次の新業態「やるじゃない!」を、田町駅前と高円寺駅前に出店した。主力業態のてけてけと同様、1本98円からの焼き鳥を中心に鶏料理を前面に打ち出す。ただ新業態ではお通し代がなく、てけてけでは300円以上するサワー類を190円で販売。焼き鳥以外のメニューも最大250円に設定するなど、より低価格を訴求している。客単価はてけてけで2500円程度の一方、新業態では1200円程度を見込む、いわゆる”せんべろ”業態だ。

高円寺と田町に出店した理由

新業態の出店場所に選んだ高円寺は、従来までのオフィス立地とは違い、比較的若年層が多いエリア。ここに、せんべろ需要があるとにらんでいる。客単価の安い業態で、こうした未開拓の地域でも通用することがわかれば、今後は都心部以外での出店余地の拡大につながる。

一方の、田町店。田町駅前には、徒歩3分圏内の目と鼻の先に「てけてけ」が2店舗ある。わざわざそうした場所を選んだのは、同じ鶏料理を売りにした居酒屋でも、業態が違えば自社競合が起きないのかを確認するためで、まさに実験的な出店だ。こちらも、周辺店舗の客数が落ちなければ、新業態で都内のオフィス立地をさらに攻める武器になる。

新業態でも鶏料理をメインに据えたのは、メニューの価格を低く設定するには、調達でてけてけとの規模のメリットを生かすしかないからだ。また、商品面や店舗内での仕込みの部分でも、これまでのノウハウを活用できる。

U&Cは新業態で「早急に100店舗を目指す」と掲げる。だが食材やアルコール価格の値上がり、人件費の高騰は止まらない。低価格業態を成功させるには、それをカバーするだけの客を呼び込む必要がある。単純に店舗数の拡大を追い求める従来の成長戦略は、限界を迎えつつある。新業態の先行きが、今後の戦略を左右する試金石となる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。