ソニー、東芝が表明 次世代TV投入のワケ

ソニー、東芝が表明 次世代TV投入のワケ

製品化が難しく夢の次世代品といわれてきた有機ELテレビが、激戦の薄型テレビ市場に姿を現す。(『週刊東洋経済』4月28日号・5月5日号より)

4月中旬、東京・有明で開かれた世界のパネルメーカーが集まる展示会に、黒山の人だかりができるブースがあった。展示会に合わせてソニーが2007年、東芝も09年度中に製品化を表明した有機ELテレビだ。

有機ELのディスプレーは有機化合物に電圧をかけて自発光させる。液晶画面に使うバックライト(光源)が不要なため、超薄型・軽量化ができる次世代型のディスプレーだ。ソニーが展示した有機ELテレビの厚さは3ミリメートル以下で、接触禁止にもかかわらず不思議そうに“極薄”の画面をつまむ人が絶えなかった。

視野角の広さや動画応答速度の速さなど、既存の薄型テレビをしのぐ点は多い。しかし、画面寿命が短く大型化が難しいこと、製造コストの高さなどから夢の次世代テレビとされてきた。

有機ELに懸ける執念

実際、東芝の有機ELパネルを開発・製造する東芝松下ディスプレイテクノロジーによると、薄型テレビ用の有機ELは寿命の面で「実用化の段階ではない」とし、09年度に向けた課題はまだ多い。

さらに東芝はキヤノンと共同で別の次世代ディスプレー「SED」の開発にも力を入れてきた。東芝の西田厚聰社長は4月12日の会見で「07年内にSEDテレビを発売する戦略に変わりはない」と断言。しかし、現状はキヤノン側で抱える製造特許の訴訟問題で停滞ムードも漂う。SEDは発売延期を繰り返しており、有機ELが同じ轍を踏む可能性は否定できない。

一方、量産化にメドをつけ、07年投入を同日に公言したソニーの思い入れは強い。かつて平面ブラウン管で一世を風靡するも、薄型テレビへのシフトが出遅れ、06年3月期のテレビ事業は約900億円の大赤字を出した。07年3月期は収支均衡圏へ急回復する見込みだが、高収益化への道筋はまだ見えない。液晶やプラズマテレビで壮絶な価格競争が繰り広げられる中、次世代テレビでの圧倒的シェア獲得を目指している。

ただ、最初にソニーが発売する有機ELテレビは11インチ型と小粒。今の薄型テレビは32インチ型以上が売れ筋で、「有機ELがこのレベルに来るのは難しい」と競合は余裕の表情を見せる。はたして、有機ELは既存の薄型テレビ市場をどれだけ切り崩せるか。

(書き手:山田雄一郎、中島順一郎 撮影:風間仁一郎)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT